2017年 07月 12日

69

不倫撫子論―恋愛とセックスの甘い罠―

現代の大和撫子(自称)

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.shiga-enjyukutsuma.com/
 

EADJZZXG.jpg

こんにちは。現代の大和撫子(自称)です。今回は巷で騒ぎを起こしている不倫について、筆者は結構肯定的な意見だったりします。ちょっと真面目に不倫について語ってみました。

不倫とは?

そもそも不倫の概念を皆さんご存知でしょうか?概念を確固たるものにするためGoogle先生に意味を聞いてみました。

不倫(ウィキペディアより引用: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E5%80%AB
“倫理から外れたこと、人の道から外れたことを意味する。近年では特に、近代的な結婚制度(一夫一婦制)から逸脱した男女関係、すなわち配偶者のある男や女が配偶者以外の異性と恋愛・性交を行うことを指して用いられる(配偶者のいない男や女が、配偶者がいる異性と恋愛・性交を行う場合も含む)”
とまぁ簡単に言うとパートナーいるのに恋愛とか体の関係を持つことを不倫と呼ぶわけですね。

心と身体の強いつながり

恋愛云々の前に体と心は紙一重である事を忘れてはいけない気がします。ワンナイトに関していうと話は別ですが、時間を重ねるにつれて愛着が意外と湧いてしまいそれを恋愛感情と勘違いしてしまっている。または刺激的な行為によりドキドキが持続、すなわち「吊り橋効果」でこれもまた勘違いしちゃっている。心は意外と身体の影響を受けやすいんです。

時間という鎖―セックスレス

よく話題になるセックスレス。パートナーとして長年連れ添ってしまうとセックスに飽きてしまう、もしくは刺激がマンネリ化してしまうセックスレスは時間という名の鎖がほころびてしまった結果なのかもしれません。愛着はあれども身体は満足していない状態。感情だけでなく長い時間はセックスレスを産みだし乾いた身体を作りだしてしまうのかもしれません。

モノガミー社会の倫理

男女共にセックスレスは悩みとなるもの。そこへ誘惑(=新しいセックスパートナーと呼びましょう)が舞い降りたら…、誘惑に負けず断ることができるでしょうか?(筆者は誘惑に激弱なので無理そう)ただ、ウィキペディア先生が仰ってらっしゃるよう、現代社会の仕組みは一夫一婦制で成り立っています。一夫一婦制からの逸脱、すなわち規律を破ることから社会的に「不倫=イケない事」になってしまい、人から最低呼ばわりされてしまうのですね。

まとめ

風俗やキャバクラは例外となっている一夫一婦制。パートナーがいる女性方の声としてはそれでも好ましくないようですが…笑 色々上記しましたが、不倫は起こってしまって仕方ないのではというのが筆者の結論です。一応不倫は裏切り行為になってはしまうので、少なからず相手を傷つけるというのも事実です。身体と感情を切り離せないのが人間なんでしょうね。そうしみじみ思う筆者でした。


文|現代の大和撫子(自称)


↓↓↓マニアックスライター陣もそこそこ出会えてる「PCMAX(ピーシーマックス)」は累計会員数900万人の大手老舗出会い系。
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX


琥珀
人妻援護会本日最新情報

このコラムを書いた人

現代の大和撫子(自称)

巷で流行りのロールキャベツ系女子。本能のままに生きているため、周りからドン引き少々引かれる事も。経験を基に赤裸々な文章を綴っていけたらと思います(´・ω・`)

現代の大和撫子(自称)

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店