2017年 10月 02日

344

昔からある「セックス指導」という名のハウツー動画

工藤タツオ(AVカメラマン)

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.hitodumajo.com/tama/
 

XRKYKRRJ.jpg

最近、「セックス指導」という内容の面白い動画を見つけたので、少し紹介してみよう。

といっても、内容は大したことはないんだけどね(笑)

要するに、女性が男性と性行為をしながらセックス指導していくという、ありがちなものだ。

最初は騎乗位から始まったこの動画は、挿入して女性が動き始め、ちょっと止まって動き方の解説をする。

つまり、「こういう動き方が気持ちいい」と言って、セックスしながら視聴者に向かって説明するわけだ。

そして、そのときの表情が色っぽくて声もエロい。

そこがこの動画の人気の秘密なのだが、何のことはない。

セックス指導という名の、新しいAVのパターンに過ぎないという見方もできるのだ。

まぁ何にしても、見て面白ければそれでいいんだけどね(笑)

男性向けでもあり女性向けでもある動画

騎乗位では女性が動くから、女性向けの説明にも見えるが、もちろん男性が見てもエロくて刺激的だ。

騎乗位の次は、対面座位に移ってお互いに抱き合ってセックスするのだが、「お尻をつかんでこういうふうに揺すると女の子は気持ちがいい」と説明が入るから、男性向けの指導だということがわかる。

対面座位が終わると、今度はバック挿入でセックス指導をするのだが、この頃になると、女の子はかなり気持ちよくなっているようで、説明の合間にところどころ喘ぎ声が混じるようになる。

しかも、説明も途切れがちで、「ハアハア」と、荒い息まで混じってくるから、見ているこっちがビンビンになってしまう(笑)

かなり面白かったので、似たような動画を見てみようと検索すると、あるわあるわ(笑)

しかし、見ていて気づいたことがある。

確かに、「セックス指導」と銘打った動画はたくさんあるものの、そのほとんどが童貞へのセックス指導といった内容ばかりで、ちょっとだけ見たけど最初に見た動画ほどのインパクトはなかった。

だけど、中には「男女産み分けのためのセックス指導」という、何ともマニアックな動画もあって意外に面白かった。

ところで、「男女産み分け法」というのは昔からあって、いまでも一部の人たちに重宝されている。

男女を産み分けたい深刻な理由

男女を産み分けたいという理由もさまざまで、2人女の子が続いたから今度は男の子が欲しいとか、その逆もある。

また、一人だけ産みたいけど男の子がいいという夫婦もいる。

その願いをかなえるのが産み分け法なのだが、それを動画で公開しているのだから、ついにネットもここまで来たかと、僕のようなオジサンは思ってしまう。

動画の説明によれば、排卵日に受精すると男の子が産まれやすく、それ以外だと女の子になるのだという。

また、リン酸カルシウムを服用すると男の子が産まれるというし、「産み分けゼリー」なんてものまであるらしいのだ。

これ以上突っ込むと、かなりディープな内容になってしまうのでこのくらいにしておくけど、そういえば昔もこんなビデオがあったのを思い出した。

といっても、そのビデオは僕が撮影したものではなく、たまたま制作会社にあったのを、興味本位で借りて見たものだ。

ビデオは2本組で、1本目は正常位や騎乗位などの順然たるセックス指導モノで、2本目が男女産み分け法の解説になっていたと記憶している。

内容についてはよく覚えていないけど、「ほんとかよ?」と思いながら見たことは、何となく記憶にある。

だから、産み分け法にしても、現在のような化学的根拠に基づいたものではなかったのだろう。

ちなみに、科学的な産み分けの根拠は以下のようなものだ。

産み分けの科学的考察

精子の染色体は「Y染色体」と「X染色体」に分かれるが、Y染色体が男の子、X染色体が女の子となる。

そして、Y染色体はアルカリ性で活発になり、X染色体は酸性で活発になる。

排卵日は子宮内がアルカリ性になるので男の子が産まれやすく、それ以外の日は酸性なので女の子が産まれやすくなる。

また、リン酸カルシウムは体内をアルカリ性にするので、やはり男の子が産まれやすくなるのだという。

産み分けゼリーも基本的には同じで、男の子が欲しければアルカリ性のゼリーを、女の子なら酸性のゼリーを膣内に注入してからセックスを行うと、子供を産み分けることができるというものだ。

僕がかつて見たビデオには、このような科学的な説明はなかったように思うから、かなりテキトーなものだったに違いない。

果たして、それを見て産み分けに成功した夫婦がいたのだろうか?

ちょっと気になるところだが、いまとなってはもう確かめることはできない。


文|工藤タツオ(AVカメラマン)


↓↓↓マニアックスライター陣がネタ作りに使ってる出会いサイト。エッチできたら体験談をマニアックスまでお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

琥珀
尻舐め女

このコラムを書いた人

工藤タツオ(AVカメラマン)

AVカメラマンの経験がある異色のライター。現在はアダルト小説と サブカル記事を書いているが、アダルトネタはAV撮影時代の経験を元にしたものも少なくない。

工藤タツオ(AVカメラマン)

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店