2018年 02月 26日

5124

高齢化社会はここまで来ている!超熟女専門デリヘルの存在

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://clover2015bj.com
 

HBYFPCYY.jpg

少し前(2013年)に、平均年齢が70歳前後の売春クラブの事件報道がありましたが、少子高齢化が進む中で、「超熟女デリヘル」が人気を集めているようです。

83歳のデリヘル嬢・・・

鶯谷にあるこの店には、従来では考えられないような超高齢の風俗上が在籍しています。写真はいくらか修正などが施されているとは思いますが、それにしても驚かされるのは在籍している嬢の年齢です。65歳、60歳、83歳・・・83歳!?本当なのでしょうか。バラエティ性という意味でも、若年層を揃えているデリヘルとそん色なく、巨乳からスレンダー系、淑女系から痴女系まで、かなりの網羅度を誇っているようです。

http://www.deri-queen.com/main.php

茶飲み友達は死語?

かつて高齢者の異性交友といえば「茶飲み友達」に代表されるような、生臭さが抜けた「枯れた交友」だったはずなのですが、人口約1億2000万人に対して、65歳以上の高齢者が約3000万人(平成25年調べ)の状況に至って、性欲の生臭さの寿命も確実にあがってきている、といえます。男性ならともかく、女性のストレスは本当に大丈夫なのでしょうか。

日本は何処に向かっているのか

とはいえ少子高齢化社会が本格化している今、日本は「性の変革期」にきていることは事実です。韓国でも、アラセブ(70歳前後)の「バッカスおばさん(バッカスという精力剤を公園で売りつつ、いかがわしいことをやっているそうです)」が跋扈しているという話もあります。もともと奥が深かった風俗業は、今また更に深いところへ進化しているのです。


文|つかもとまさし


↓↓↓マニアックスライターがエロ記事ネタ作りに使ってるサイト。ぜひ体験談を編集部までお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ハッピーメールバナー


琥珀
尻舐め女

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味

つかもとまさし

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店