2016年 05月 12日

2098

熟女AV女優の恵子さんはどこにでもいそうな普通のオバサンだった

工藤タツオ(AVカメラマン)

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://xn--gmqynx0hbfo23a.jp/
 

ZFJKFJOX.jpg

僕がAVカメラマンをやっていた頃は、まだ熟女モノはそれほどなかったような気がする。

それに、まだ熟女という言葉もなかったかもしれない。

ちなみに、「熟女」とは40代後半から、60代くらいまでの女性を指す言葉だ。

しかし、昔は熟女などというシャレた言い方はしなかった。

では、熟女に当たる年代の女性を昔は何と呼んでいたかというと、ズバリ「中年女」と呼んでいた。

味も素っ気もない言葉だな。


■完熟した熟女と遊べるお店
完熟ばなな神戸三宮店: http://www.sannomiya-banana.com/
完熟ばなな 上野: http://www.k-banana.com/

熟女という言葉の誕生

これををうまく言い換えたのが、熟女という言葉だ。

中年女を熟女と呼んだだけで、急に色気まで感じてきたから不思議だよ(笑)。

こうして、熟女は俺たちのセックスの対象に格上げされて、AVに登場するようになった。

言葉って不思議だよな。

昔は中年女といったら、男に振り向いてもらえない女の代名詞だったからね。

では同じ年代の男はどうかというと、昔は中年男と呼んでいから同じ発想だ。

ところが、その中年男があるときから、急にロマンスグレーなどという、カッコいい呼び方に変わった。

それは、熟女という言葉が誕生するよりも少し前のことだ。

人が誰かを褒めるときは、必ず魂胆がある(笑)

中年男がロマンスグレーなどと呼ばれたのは、ちょうど日本がバブルに向かっていた時代だった。

バブルが生んだ流行語

バブルといえば、日本が未曽有の好景気に沸いた時代だ。

その時期に一番金を持っていたのは、働き盛りの中年男だった。

だから、何か買ってもらおうという魂胆の女たちが、ロマンスグレーなどと呼んで中年オヤジをおだてたわけだ。

この言葉の発案者は、ソニー設立者の一人盛田昭夫氏だといわれている。

盛田氏が言ったこの言葉は、マスコミに乗ってたちまち広がり、水商売の世界でも客の中年男をおだてるために使われるようになった。

ところが、バブルがはじけて中年男も金がなくなると、ロマンスグレーという言葉も聞かれなくなった。

中年男は、もうおだてる価値がなくなったわけだ。

そして、ちょうどその頃熟女という言葉が誕生した。

それは、中年女のアダルトビデオが出始めた時期と重なる。

ネーミングのよさで成功

中年女では響きが悪いから、誰かが熟女というネーミングを考えて、急速に広まっていった。

当時はレンタルビデオが普及して10年くらいたった頃で、アダルトビデオが少し飽きられてきた時期でもあった。

それまで、アダルトビデオに出てくるのは若い女の子ばかりだったから、ちょっと目先を変えて、中年女も出してみようという軽いノリだった。

これが意外に当たったので、同じような作品が作られたが、中年女に替わる呼び名として考案されたのが、熟女だったというわけだ。

それ以来、AVの中に熟女モノというジャンルが出来て、今日まで続いている。

熟女のどこがいいかというと、若い女と違って手軽にやれそうな気がするからだと思う。

ただし、そんな気がするだけで、実際にやろうとすると簡単ではないんだけどね(笑)

それと、熟女ファンが言うには、ほどよく崩れた体型がたまらないらしい。

これはもう、熟女ファンでないと理解できない話だわ(笑)。

どこにでもいるオバサンがウケる

僕が撮った熟女モノの女優に、恵子さんという女性がいた。

年齢は50歳を過ぎていて、見るからにオバサンだけど、なぜかこの人のAVは人気があった。

どこにでもいそうな感じが、逆によかったのかもしれない。
そのほうがリアルだからね。

このAVを買った人は、近所のおばさんや親戚のおばさんを、恵子さんに重ね合わせて見ていたのかもしれない。

恵子さんのセックスは、とにかくパワフルだった。

騎乗位が好きで、若い男優に跨ってガンガン腰を振りまくる。

監督も、何も指示を出さずに好きなようにやらせていたな。

中出しの元祖的存在

生理が上がってるから、最後はみんな中出し。
これも、熟女モノがウケた理由だ。

当時のAVはなぜかゴムつきがほとんどだった。ゴムをつけなければ、最後は顔射で終わるパターン。

今の動画は中出しが普通だけど、あれはピルを飲んでるから。
当時はそれができなかった。

だけど、生理が上がっていれば中出しもOKなわけだ。

今では当たり前の「股間からザーメンどろ〜り」も、始まりは熟女モノからだった。

ところで、熟女モノがウケる理由は、もうひとつあるような気がするんだよな。

それは、どうしてこの年でAVに出るのかなってこと。

熟女になってAVに出るのって、若い女の子が出るのとは、また違った覚悟がいるはずだからね。

ちなみに、恵子さんには夫と息子が2人いると聞いていた。

どんな事情でAVに出ていたのか、また、家族はそれを知っていたのか。

下世話な興味は尽きることがない。


文|工藤タツオ(AVカメラマン)


↓↓↓マニアックスライター陣もそこそこ出会えてる「PCMAX(ピーシーマックス)」は累計会員数900万人の大手老舗出会い系。
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX


琥珀
人妻援護会本日最新情報

このコラムを書いた人

工藤タツオ(AVカメラマン)

AVカメラマンの経験がある異色のライター。現在はアダルト小説と サブカル記事を書いているが、アダルトネタはAV撮影時代の経験を元にしたものも少なくない。

工藤タツオ(AVカメラマン)

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店