2018年 04月 03日

576

「ばばぁ」は褒め言葉?『熟女の風俗最終章』という名の熟女風俗とは

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.siluba.com/
 

OLYKRLJI.jpg

▲エッジの効いたばばぁ愛
http://www.tachikawa-saisyuusyou.com/top.php

映画や小説において、最初の作品がヒットした場合や、キーワード自体が既に流行していた場合などで、ブームがひと段落したあたりでもう一発、周囲の期待に応えるべく「最後の」といったニュアンスをタイトルに含ませることは、エンタメの世界ではよくあることです(エドワード・ズウィック監督作品「ラストサムライ」やリュック・ベッソン監督の「最後の戦い」などが該当します)。熟女風俗も然り、その名も「最終章」というお店が、立川に存在しています。

嬢を「ばばぁ」と呼ぶ

このお店、店名もさることながら、嬢を「ばばぁ」と呼んでいるところが大変ユニークです。ホームページを見てみると、「今日のばばぁは当たりが来ますように」や、「地雷じゃなくてばばぁと呼んで」、「ばばぁに払えるのは9995円」、「ばばぁと練り歩くデートの旅」など、過激かつ珠玉のコピーのオンパレードで、「最終章」と名乗るに十分なインパクトを放っています。「鉄の三カ条」という掟も存在しており、「即尺・即クンニ・即ベロチュー」とのことですが、ベースのサービスも徹底していることがうかがえます。

意外なクオリティの秘蔵ギャラリー

ホームページの年齢認証の文言も「ばばる」、「ばばらない」といったように小技が効いていて、ユニーク性が際立っているのですが、嬢のギャラリーを覗いてみると、意外なことに、嬢の水準として並程度以上のクオリティを保っていることが確認できます(顔出しがないためスタイルについて、という前提ですが)。しかもこのページ、過激なコピーをちりばめているにもかかわらず、全体的には「熟女への愛情」をにじませることに成功しています。

熟女の未来は明るい?

風俗ファンならこれは「一見の価値あり」といえるところですが、それにしても感じられるのが「熟女の更なる可能性」です。スタイルを保ち、嬢としての前向きさすら感じさせる熟女達の奥深さを目の当たりにして、「熟女の未来は明るいに違いない」、と感じずにはいられません。
http://www.tachikawa-saisyuusyou.com/top.php


文|つかもとまさし


↓↓↓マニアックスライターがエロ記事ネタ作りに使ってるサイト。ぜひ体験談を編集部までお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ハッピーメールバナー


琥珀
尻舐め女

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味

つかもとまさし

関連するその他の記事