2017年 10月 30日

36

【出会い系サイト利用者インタビュー1】三十八歳既婚会社員・単身赴任先で

前田穂花

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://nightwife.net/
 

PULHUNUY.jpg

女流官能小説家・前田穂花が聞き書きする出会い系リアル体験談


こんにちは。車椅子に乗ったプロの女流官能小説家・前田穂花です。
先日、都内某所で個人的に飲み会を開きました。
その際、仕事熱心な穂花は半分取材も兼ねて。
今話題の出会い系サイト、PCMAXの男性ユーザーをふたり(当然割り勘で)お招きいたしました。

いわゆる出会い系サイトのサクラ系宣伝記事ではなく、あくまでも酒を飲みながら。
「男って本当のところ、出会い系ってどーよ」というスタンスのもと、イタい現実をも語らせてみたいと思います。
 アルコールも入っている手前、彼らもいつも以上に饒舌…だと面白いのですが。

その1:単身赴任先ですごく淫乱な豊満人妻をゲット!三十八歳・既婚会社員

――会社員Yさん。今日は穂花の取材にご協力いただきありがとうございます。
簡単な自己紹介などお願いします。

>Yです。都内のメーカーで中間管理職に就いてます。自分、結婚は今から7年前。
デキ婚で妻と子供が男女二人。嫁はパートに出たいようですが、保育園がなかったりして、今のところ子育てオンリー。
恋人時代はそこそこ仲よくしていましたが、何しろ入籍後数ヶ月で上の子が生まれて。
なんか…それ以降は俺は事実上のATMで。
だから、単身赴任する前から遊んではいましたね。
出会い系もやってましたが、まあ余り釣れないかな、どこも。
会えても「サポ希望」でしょ。だからむしろプロのほうがいいなって。あとは自家発電ね。
自分、オナる時はサウスポーです(笑)。関係ないか。


――いや、072はサウスポーって方は男性に多いようですよ。私には今一つ実感が湧きませんが、他人の手で弄られている気分で早くイケるとか聞きます(爆)。
それはいいとして。Yさん、PCMAX登録までの経緯を。

>下の子が「当たって」から。俺、すぐに転勤になったんですね。中国地方のある街。
一応家は買ってるし、嫁は妊娠中。しかも幼稚園の長女もいるから。
俺が必然的に単身赴任ってなりました。


――寂しかったんでしょうね…。

>妊娠中の嫁への申し訳なさもあるから、初めこそ風俗で解消するつもりだったんですよ。
ただ、例えば広島とか松江とか、そういう大きな町なら遊ぶところもいっぱいあるんでしょうが。
俺が赴任した先は、平成の大合併で「市」にはなってるものの、ド田舎。
だからって、近所でどうこうは出来ません。田舎ですもん、他人の目があるから。東京の比じゃないもん。
そんなわけで。これまで使ったことがなかった、そういう理由でPCMAXに登録しました。


――Yさん。モンダイの「戦勝結果」はいかがでしたか?

>いやあ、最初は授業料としてポイント購入に最低5万円くらいはドブに捨てました。
イタい授業料。そりゃ、フーゾクのほうが効率はいいですよ。プロはテクニックもあるし。
会っても田舎でバイト先もないから、女性も正直カネ目当てです。
これってマズいかな?マズかったらカットで。
女の子…いや俺より年上のオバチャンもいたな。
一人当たり大一枚と、ホテル代、あとメシ代。
コミコミだったらソープがやっぱり安いです、大二枚で本番OKの店しか行かないので。


――本命の彼女は何人目で?

>俺の記憶があってれば9人目です。とにかく今すぐ会いたい、って女で。
あと…セフレ希望もしくは浮気相手探し、って女性を狙いました。
詳細なプロフをチェックしてぽっちゃり、の女を総当たり戦、ってカンジで行きました。
本命の子は俺の好みのデブで…あと彼女も旦那が大阪へ単身赴任中で。
アレな話ですが…会ってその日のうちに彼女の自宅でやりまくりました。


――(前田もびっくり)その日のうちに自宅で?ちょっと緩いんじゃ…??

>確かに緩い女です。あんまり警戒心が薄いんで、俺が逆に心配しました。
俗にいう美人局じゃないのって?
会うだけだったら他のサイトも含めて、いろんな女と会ってはみたんですが。
彼女が一番緩くてだらしなくて、体形も二十八歳とは思えない弛み具合。
でもセックスはよかったですね…お肉のせいかやたらマンコが締まって。
出産経験がなかったかも知れませんが、とにかく締まって気持ちよかったです。
しかも。何だかいつも「今日は大丈夫な日だから」って、中で出させてくれてました。
ある意味男にとっては天使みたいな女性だともいえますね。


――最後に。Yさんと彼女との想い出の一戦などあればお話を聞かせてください。

>ファミレスとかでは恥ずかしかったですね。彼女、もう本当にバカっていうか。
場を弁えないっていうか、死語ですがモロKYちゃんでした。
連れて歩くにはちょっと…な女でした。本命とか嫁としてはノーサンキューなレベルです。
彼女の名誉のために詳しくは話さないでおきますが。
ただ、とにかくマンコがよくて。あと、中に射精するでしょ、そのまま俺のチンポを咥えてうれしそうに舐める姿が印象に残ってます。


――それって俗に「お掃除フェラ」っていうんですよ。

>専門用語(!?)は知らないんですが。最初はびっくりしました。
でも、一度味わったら俺はヤミツキになって。セックスのたびに毎回でしたね。
結局、単身赴任中の三年間、完全に「俺の嫁」でした(笑)。
本物の旦那とはどう何だか知りませんが、まあ、そこまで聞かないし。
いつもタダマンでしたよ。さっきも言ったとおりファミレスとか恥ずかしいから。
連れていくとすれば安いカラオケで、ボックス内でフェラされたり。本番も…しました(笑)。
旦那その他が居るらしい時は俺のアパートで、でしたが。基本彼女の自宅でエッチ。
緩い彼女らしく、ゴミ屋敷一歩手前の状態でしたが。それでも…。
他人の嫁を夫婦の寝室で抱く、っていうシチュエーションには興奮しましたね。

ここだけの話ですが、この春東京に帰って来てからも…俺。
三回ほど…新幹線で彼女に会いに行きました。さすがにホテルで抱きましたよ(爆)。
全てにおいて緩くてだらしない感じの女でしたが。
ホテル代その他デート代がほぼ不要で、マンコがとにかく締まったから。
愉しませてもらったってことで「安い買い物」だったかもしれません。表現は悪いけど。


《Yさん・既婚会社員三十八歳 の戦勝結果》
・登録後本命に出会うまでに要した費用 およそ10万円
・登録後本命に出会うまでに要した期間 3ヶ月半
・お付き合いの期間 3年間(今も時々新幹線で出張エッチ&お掃除フェラ)
・お付き合いにかかった費用 時々ファミレスとカラオケボックス代くらい?
 …彼女のおうちで事に及んでいたのでとても安上がりでした!


(インタビュー&構成:前田穂花)


↓↓↓マニアックスライター陣がネタ作りに使ってる出会いサイト。エッチできたら体験談をマニアックスまでお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

尻舐め女
人妻援護会本日最新情報

このコラムを書いた人

前田穂花

車椅子ユーザーであり且つアスペ&軽度知的障害というハンディを負いながらも、見事?プロの官能小説家として身を立てることに成功したErosの世界での勝者。自称「アラフィフのロリータ」(笑)。普段の暮らしではその素性を隠して地球人のフリを装いつつも、実は淫乱星のプリンセス。女難ならぬ男難の相が出てバツ2となるも、人生三度めのシングルガールライフが愉し過ぎるので、目下ダーリンは募集停止中。

前田穂花

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店