2018年 06月 25日

3460

【トンデモ風俗嬢列伝】腹筋バッキバキのTRFのような嬢

宮下コーキ

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.shiga-enjyukutsuma.com/
 

僕が働いていた風俗店の、嬢たちの生き様を
語っていくシリーズです。
今回は、以前ご紹介した「ゆきねさん」と張るレベルの
プロ意識を持った嬢「ねねさん」について書いていこうと思います。

ねねさんの生態とは・・・

ねねさんは、ザ・姉御って感じの人です。
性格はとてもサバサバしていて話しやすい。
しかもスタッフの大変さも分かってくれているので、
こちらサイドとしては、とても重宝する嬢でした。

嬢たちのまとめ役にもなっていたので、
ねねさんに逆らう嬢はなし。

そんなねねさんは、当時40歳を超えたくらいでした。
しかし、そうですね・・・35くらいに見えました。
華奢なカラダなんですが、その鍛え方がすごいんです。

ヨガに行ったりジムに行ったりしていたので、
腹筋はバッキバキ。
わかりやすくいうと、TRFにいそうな感じですね。
サムと一緒にダンスしてそう。

お客さんの間ではSキャラで通っていたので、
自分のスタイルもそれに合わせていました。

ボブくらいの長さの髪なんですが、
後ろの毛を軽く刈り上げみたいにしているので、
見た目にも攻撃的な感じが出ます。
当然、どう見られるかを意識しての髪型です。

それで、お客さんをヒールで踏んだりするわけです(笑)
喜ぶお客さんが続出していました。

でもやはり40を超えると、男もそうですが、
女性は特にスタイルの維持が大変です。
なのに、ねねさんはTRF。
一体どんなトレーニングをしてるんだろう?
と思い、一度ジムに同行させてもらったことがありました。

ねねさんと地獄のジムへ

ジムに着くなり、
まさにTRFな感じのピッタリサイズのスポーツブラ的なものと、
スパッツに着替えるねねさん。
格好からやる気が溢れています・・・。

僕は普通にジャージだったのですが、
やる気がないと怒られる始末。

僕:「さてと、なにからやるんですか?」
ねねさん:「サイクリングマシーンで走ろっか」
僕:「お。いいですね。2キロくらい走っちゃいます!?」
ねねさん「いや、10キロ」
僕:「・・・・・・・」

ねねさんは、かる〜く10キロを完走。
僕は途中で完全にバテて、
20歳くらい年上の女性に体力で負けるという屈辱を味わいました・・・。

僕がスポーツドリンクを飲みながら休憩していると、
ねねさんはウエイトトレーニングを開始。

「おっぱいが下がるとお客さんが指名してくれなくなるでしょ」

と、大胸筋を鍛えていることを教えてくれました。
恐るべし、プロ根性・・・。

その後もトレーニングは続き、3時間たっぷりと汗をかいて終了。
僕は途中から諦めてアイス食べてましたが・・・。

ねねさんを動かすモノ

ジムの帰り、僕はねねさんに聞いてみました。
なんでそこまでやるのかと。
すると・・・

「息子と生きていくためよ」
と一言。
か、かっけーーーーー!!

そうです、ねねさんには5歳の息子さんがいたのですが、
若い頃から風俗嬢だったねねさんには、
息子さんを食べさせていくにはこの道しかなかったんです。

ねねさんがみんなに人気がある理由がわかった気がしました。

あれから3年・・・。
この前、久しぶりにねねさんからラインがきました!

ねねさんからの報告

なにかな〜と思ったら、
「再婚することになったよ」
とのこと。

どうやら嬢は卒業するみたいです。

風俗で働くには年齢的に誰でも限界があります。
40を過ぎると、指名率の点から考えても厳しくなります。

息子さんのこととか、これからの自分の道とか、
いろんなことを考えながらねねさんは決めたんでしょう。

「離婚したら、あたしがババアでも抱いてよ!」
と言われたので、わかったと言っておきました。

ねねさんに抱いてと言われる日が来ないことを祈るばかりです。

・・・あれ、このコラムってこんな感じで終わるんでしたっけ?(笑)
TRFのくだりまではいつもの感じでしたが・・・。
まあいっか!


文|宮下コーキ(風俗スタッフ)


↓↓↓マニアックスライターがエロ記事ネタ作りに使ってるサイト。ぜひ体験談を編集部までお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ハッピーメールバナー


琥珀
尻舐め女

このコラムを書いた人

宮下コーキ

元風俗店店員。大学卒業後、文化放送で構成作家になるのだが、「人生経験を求めて」という軽いノリで風俗店勤務へ。スーパーグレーゾーンな日常、語っちゃいます。

宮下コーキ

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店