2018年 07月 09日

1053

まるでAV!本当にあった彼氏の前での寝取りプレイ

AV
絶倫太郎

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
https://www.bakuduma.net/
 

BJOYXCAJ.jpg

どうも、3度の飯より女をこよなく愛する現役風俗店員の絶倫太郎です。
お店の女の子カップルとまさかの彼氏の前での寝取りプレイをやってしまった体験をお話しさせて頂きます。
あいつらマジで変態カップルです。(笑)

こうして3Pする事になりました

幼稚園の頃にフェラとオナニーを経験している生粋の変態の女の子です。お客さんとのプレイでは、気持ち悪いお客さんに犯されているという設定が最も興奮するらしく、気持ち悪いお客さんを好むぐらいの変態です。
イケメンの時は設定無しで純粋に楽しむようですが(笑)
そんなゆうなちゃんには彼氏がいて、仕事の後はいつも

「お客さんにこんな風にされたのか?」

などの言葉責めされながらSEXを楽しんでいたようですが、それにも少しマンネリしてきたようで私に相談をしてきました。
私はゆうなちゃんに、

「その彼氏少し寝取られ好きの性癖あるんじゃない?今度彼氏の前でゆうなちゃんとSEXさせてよ。」

と冗談で話していました。
その時は「絶対ムリー」
と笑いながら話していたのですが、これを本気で彼氏に相談してみたようでした。
そして、そんな話をしたのを忘れた頃にゆうなちゃんは、

「前の話やってみたいです!」

と言ってきて何の事かわからなくて聞き返すと、恥ずかしそうに話すゆうなちゃんに少し萌えました(笑)

ついに決行の日

そこからはルールなど特に決め事もなくトントン拍子に話が進み、ゆうなちゃんと彼氏と私の空いている日を決めるだけでした。
そしてその日はやってきました。
場所はSM部屋のあるラブホテルです。

まずは、彼氏とは初対面だったので軽く挨拶を交わし緊張を解く為にみんなでお酒を飲みながら下ネタ満載で談笑しました。話の最中に、

「本当に良いんですか?」

と聞くと、

「この日の事を想像して寝取られ系のAVで予習ばっちりです。」

と笑いながら答えてくれて、私も寝とる側の気持ちで予習バッチリだったのでそれを伝えると、ゆうなちゃんはやはり男はそうなのかとみんなで笑っていました。


しばらく飲んでいると酔いが回りそろそろやりたくなってきたので、まずはゆうなちゃんと彼氏を

「いきなりだとこわいと思うからまずは二人っきりでシャワーに行っておいで。」

とシャワーに行かせました。こんな優しいフリをしていたのですが、SM部屋の拘束椅子に彼氏を全裸で座らせる為に、彼氏にも脱いでもらう必要があったのでただそうさせただけです。(笑)


そして出てきたゆうなちゃんに、おれシャワーしてくるから彼氏を全裸でSM椅子に座らせておいてとお願いしシャワーに向かいました。
出てくると局部が見えないようにタオルが置かれていましたがちゃんと全裸で拘束椅子に座っていてくれました。
さぁ、楽しみはここからです。

寝取りSEX本番

まず私はゆうなちゃんとソファでディープキスをしました。そして、私の前に同じ方向を向いて座らせ彼氏にゆうなちゃんの裸が見えるようにバスローブを外しました。
普段の会話からゆうなちゃんの性感帯や性癖は知り尽くしています。
耳を舐めながら、

「もっと足を開いて彼氏にお前のマンコ見せろよ。」

と言うと、

「いや、恥ずかしい…」

と言いながら、少しずつ足を開ける最終的には全開まで開けるドMな女です。
そして彼氏に見えるようにゆうなちゃんのあそこを触ると、まだ耳を愛撫しただけなのに信じられないぐらいびしょ濡れでした。
そのまま手で責めると声を出すのを我慢しているようなので、

「彼氏にエロい声聞かせてあげろよ。じゃないと止めるよ?」

と言うとスイッチが外れたのか、かなり大きな喘ぎ声を出して喘ぎだしました。そのままもう片方の手でクリを触りながら手マンを続けるとスグにいってしまいました。

「彼氏の前で違う男に何でイかされてんの?謝ってこいよ。」

と言うと本当に謝りに行きます。ゆうなちゃんは本当にドMでAVのように進み、彼氏は彼氏でタオルが盛り上がっていて勃起しているのが分かり私は楽しくなってきていました。


そしてゆうなちゃんに彼氏のタオルを取るように命令しタオルを取らせると我慢汁が出ていたので、それをキレイに舐めてあげろと命令しました。
何度もごめんねと言いながらフェラしているのを見ると興奮してしまい、正座をしながら舐めていた足を立たせて立ちバックの形でもう入れてしまいました。
ゆうなちゃんが

「ゴムは付けて。」

と言ってきましたが無視し、徐々にピストンのスピードを上げていくとフェラが疎そかになり喘いでいるだけだったので、

「彼氏の前で生で入れられて何で感じちゃってんの?お前も気持ち良くしてあげろよ。」

と言うと、またごめんなさいと言いながら一生懸命にフェラをしているのが最高にエロかったです。
彼氏も「ゴムは付けてください。」と必死に言っていましたが本当にAVのようで、逆に私は興奮したのでもちろん無視しました(笑)


そろそろ立ちバックにも飽きてきたので、次は彼氏からは見ることが出来ないベッドの上で正常位で挿入しました。最中で、ゆうなちゃんが彼氏にバレないように必死に声を抑えながらイッたので、そのまま休憩させずに突きながら

「彼氏が見えなくて不安だろうから今どうなったか教えてあげろ。」

と言うとゆうなちゃんは、

「ごめんなさい。おちんちんを入れられてイッちゃいました。」

と、こいつも絶対これ系のAV見ていたなと思うような言葉を喘ぎながら大声で叫んでいました。
もう興奮は最高潮です。このままイキたくなったのですがさすがにこのまま中出しはマズいし、もうちょっと楽しみたいと思い体位を変えることにしました。


次は、彼氏から入れているところが見えるように騎乗位です。

「おれは寝とくから勝手に入れろよ。」


と言うと生のままそのまま入れてこようとするので、

「ゴムついてないよ。いいの?」

と聞きましたが、何も言わずにそのまま体を落としてきましたのでこの時私は中に出してやろうと決めました。(笑)


「彼氏に入っているとこ見てもらいながら頑張って腰を動かせよ。」

と言うと、膝を立てて必死に腰を振りながら喘いでいます。そして思いっきりの力で胸を鷲掴みにするとさらに大きな喘ぎ声を上げながら、

「ごめんなさい。またイッちゃいます。」

と言いながらさらに腰を振るスピードが早くなりました。私もずっと我慢していたのでそろそろやばくなりもう出してしまおうと思い、こちらからも激しく腰を振り

「ああ、イク」

と言うとゆうなちゃんは一瞬戸惑ったような顔をし、

「ダメ!」

と言いましたがそのまま中に出してやると、私が出したすぐ後にゆうなちゃんもイき私の方に倒れこんできました。


「早く抜いてキレイに舐めろ。」

と命令すると、ごめんなさい。と言い丁寧にお掃除フェラをしていました。


正直中出しはまずいかなとは思いましたが、彼氏はギンギンに勃起していたので少し安心しました(笑)
そしてゆうなちゃんに

「拘束具を外して彼氏とSEXしろ。」

と言うと、ごめんなさいと言いながらスグに外しに行き私のお掃除したスグ後の口でキスをしながらお互いに「好き、愛してる、ごめんなさい」など言いながらかなり激しくSEXしていたので、冷静になった私はすげぇなと思いながら一人シャワーに向かいお風呂に浸かっていました。(笑)


声が落ち着いてそろそろ終わったかなと出て行くと、二人は仲良さそうに寝ていたので私はそのまま帰ることにしました。


後日あれからどうだった?と話を聞くと、すごい興奮したからまたやってみたいと言われ今度は3Pをしてみたいそうです。
約束もし、日取りも決まっているので、その話もまた書かせてもらいます。


文|絶倫太郎


↓↓↓マニアックスライターがエロ記事ネタ作りに使ってるサイト。ぜひ体験談を編集部までお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ハッピーメールバナー

“Jメール"


琥珀
尻舐め女

このコラムを書いた人

絶倫太郎

3度の飯より女をこよなく愛する変態です。 風俗店員をしており業界の裏話を暴露します。出会い系や風俗の利用も多く体験談などもお話させて頂きます。

絶倫太郎

関連するその他の記事