2017年 12月 03日

424

幼いときから知っている隣のおばさんを無理矢理抱いた

清水照美

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.t-kagayaki.com/
 

HPHOLCNX.jpg

それは、隣の家に回覧板を持って行こうとしたときだった。

いつもなら表から回るのだが、その日は裏口から隣の家に入っていった。

部屋の窓が開いていたので何気なく中を覗くと、その家のおばさんがスカートをめくって股間を弄っているのが見えた。

あのおばさんがオナニーしてる!

そう思った瞬間、僕は急に胸がドキドキしてきた。

いや、はっきり見えたわけではなかったが、たぶんそうだと思った。

この家のおばさんは50歳くらいで、どこにでもいる普通の熟女だから、これまで女として意識したことはなかった。

だけど、そんなおばさんでも、オナニーしてるのを見たら話は別だ。

僕は急激に股間が膨らんでくるのを感じながら、玄関のインターホンを押した。

しばらくして、「はい」と応答があったので、「回覧板です」と伝えるとドアが開いて、あのおばさんが出てきた。

髪が少し乱れていた。

それに、頬が紅く染まっているのは、やはりオナニーしていたからだろうか。

回覧板を差し出すと、おばさんは黙って受け取り、ドアを閉めようとした。

「あ、おばさん」

僕は思い切って声をかけた。

喉がカラカラだった。声はかけたものの、何を言えばいいのかわからない。

生まれたときから隣に住んでいるおばさんを、こんなに意識するなんて想像もしていなかった。

「え、なあに」

おばさんがこわばった顔を向ける。

「いや、大したことじゃないけどさ。ああいうことは、カーテン閉めてからのほうがいいよ」
「あ…」

おばさんが絶句する。

それを見て、僕は確信した。

やっぱりおばさんはオナニーしていたんだと。

そして同時に、このおばさんをやれると思った。

僕はこれまで、おばさんみたいな年の女とセックスしたことはなかった。

だけど、もう半年以上も女を抱いていなかったし、この際穴があれば何でもいいという気分だった。

「誰かいるの?」

低い声で尋ねると、おばさんが一歩下がった。

そんなことは聞くだけ野暮だと思った。

おばさんは、誰もいないからオナッてたんだ。

家には誰もいないと確信した僕は、おばさんと目を合わせたまま、靴を脱いでゆっくり上がった。

するとおばさんの顔がますますこわばり、奥の部屋に逃げ込もうとした。

この家とは家族ぐるみの付き合いだから、家には何度も上がらせてもらっている。

家の間取りは知っているから、おばさんが逃げ込んだ部屋が行き止まりだということもわかっていた。

僕はすぐに追いついて、おばさんの背中を軽くつきとばした。

「きゃぁっ」

おばさんは少女のような悲鳴を上げて前につんのめった。

小太りの女が転ぶと、ちょっとした地震くらいに家が揺れるものだ。

僕は起き上がろうとするおばさんの体を押さえ込んでスカートをめくった。

「あっ」と声を上げて、おばさんがスカートを押さえる。

「もうやめようよ、ケンちゃん、こんなことやめよう」

パンティを剥ぎ取ろうとすると、おばさんは子供の頃から僕を呼ぶ口調で哀願した。

「俺だってこんなことしたくなかったよ。だけどさ、おばさんがマンズリなんかしてるからいけないんだよ」

僕はズボンを下ろしてペニス引っ張り出した。

すると、「何するのケンちゃん!やめてよぉ!」おばさんは急にわめきだして、両手で顔を覆った。

嫌がるおばさんのパンティを脱がせて股間を指で弄ると、膣の中はすでにヌルヌルしていた。

たぶん、オナニーしていたからだろうな。

僕はしばらく膣の穴に指を出し入れしてから、ペニスを入れることにした。

「ああっ、いやぁ!」

すると、おばさんはさらに大きな声をあげて逃げようとする。

「静かにしなよ」
「ああっ、だめよ、だめぇ!」

僕はおばさんの肩を掴んでガッチリ押さえ込み、身動きできなくしてからペニスをゆっくり奥まで押し込んだ。

「あうー、あうー」

ピストンを始めると、おばさんは顎をのけ反らせて涙をこぼした。

僕はむせび泣くおばさんの体を抱きしめながら、腰を振り続けた。

ところが、いくらピストしても、おばさんは喘ぎ声を漏らさない。

「気持ちいいなら声出しなよ」

おばさんの耳元で囁く。

だけど、おばさんはメソメソ泣くばかりだ。

まあいいさ。

それなら僕だけ楽しませてもらおう。

僕にとっては久しぶりのセックスだったから、ものすごく気持ちがよかった。

しかも、相手が隣のおばさんだから興奮もハンパない。

僕はいまにも射精しそうになっていた。

「おばさん、中に出していい?」

おばさんはもう生理がないはずだが、一応聞いてみた。

おばさんは目を閉じたまま何も答えなかったが、かすかにうなづいたように見えた。

「うっ、出るっ」

それを中出しOKの意味に受け取った僕は、おばさんの中でたっぷり射精した。


文|清水照美

おもしろエロ過ぎ編集部オススメのガチ体験コラム!素人セフレ事情、裏風俗潜入、健全エステやマッサージでこんなことが起きています

▲実際の体験談だからこそエロいハプニングばかり起こります!


マニアックスでお届けしているコラムは全てライターが実際に体験したお話です。

10代から30代主婦~熟女まで素人女性を出会い系でくらい尽くす生々しいセックス事情。さらに、裏風俗への突撃潜入取材や、健全エステでも当たり前のように起こる事故はまさに危険レベル!マニアックスオススメのどエロ事件簿をご紹介しましょう。

ひたすら手コキが好きな変態女子は多い!無料風俗だから素人は暴走する

まずは手コキ好きなら絶対に見逃せない暴走するS痴女との出会い。こちらの手コキ体験レポート!ド素人S痴女の気持ち良すぎる48手に悶絶では何と手コキ48手を繰り出す女性にもてあそばれてしまい…。風俗ではありえないチンポをしごきたい素人が多すぎますっ!

エッチな手コキ好き看護師に連続で抜かれた体験談エロ看護師手コキ痴女と強制3回戦!ドS変態に電マあてられチリ悶絶では素人痴女が3時間に渡りチンポがもてあそばれて「もうムリ」、なんとも悲惨な結末に。

クンニされたい女たちが「舐め犬」を募集中!フェチ女子が多すぎる出会い系の実態

出会い系で「舐め犬」を募集する23才のOL。ちんぽは触りませんが、ひたすらクンニだけされたい、という変態さんのお話しです。性癖を隠さなくていい出会い系だからこそ、こんな女性と知り合えてしまいます。

こちらのコラム無料風俗「舐められ女」は実在した!ド変態マスク女との出会いでは、生々しい舐め犬プレーが延々と繰り返されます。

そんな変態女子、セフレ希望の女性と確実に出会えるマニアックスライター御用達サイトはこちらPCMAX!


潜入裏風俗!グレーゾーンの地雷は避けられないのか?出会い系やツイッターの裏側に生息する女子


もしあなたが「裏風俗」好きなら絶対に外せないのは、こちらの潜入レポートでしょう!闇の深い出会い系の中に生息する援デリなどの「裏風俗業者」の実態をあばきます。

潜入コラム無料風俗を極めるチリが非合法業者にわざと騙されてみた!壮絶体験レポートでは、相手が非合法な業者であるのを知った上でライターが突撃潜入!身の危険を感じながらも、その悪どい手口を公開しています。

そして今流行りの「プチ援交」。ツイッターや出会い系では個人営業の女子が増殖中!早速マニアックスライターがそんなグレーゾーンに潜入しました!

ネットカフェでチングリ返し手コキ!ちんぽに飢えた24才素人の強制発射でその実態に迫ります。

セックスに飢えた素人が見つかる大手出会い系なら安全です。ただし、あくまで自己責任でお探しください↓


健全アロマ・メンエスでキワを攻められながら誤爆を狙う!マニアックス人気の健全店エロシリーズ

メンエスやタイマッサージなど、どんな健全店でも誤爆「事故」は起きてしまいます。「自家発」までならオイタもオッケー、そんなお店もあるのがドキドキ感を高めてくれますね。

潜入ライターが自ら誘導した結果…起きてしまう自爆事故も健全マッサージ店では少なくありません。メンエスで自爆エロをセラピストに仕掛けた結果!まさかの事故?<ではリアルなアロマエステでのできごとをお楽しみいただけます。

健全店での暴発事故は狙えるのか?100%健全店で「ヌキ」事故発生!これぞ無料風俗!お相手はセフレ候補?ではマニアックスライターがとんでも、な事態に遭遇!

さらにっ!超健全なはずのタイマッサージでもまさか、やらかしてしまいます!
裏オプションと言えるような「睾丸マッサージ」、ジャップカサイをお願いしたところ…なんとタイ美人セラピストがやってくれましたー。

大人気の「健全店で抜けるのか?」シリーズ「健全店」で抜けるのか?超健全タイマッサージでオイル睾丸きた~♪では起きてはいけないまさかの結末が待っていました!!


【番外】あなたのアダルトコラム、エッチな体験談、手コキ風俗体験レポートを掲載してみませんか?

みなさんの出会い体験談・アダルトコラム・手コキ風俗体験レポートを是非編集部までお送りください!文章の上手い下手は一切問いません。反響のあった記事には『1P=1円でいつでも換金できるポイント』が付与されます!

こちらは当サイトの多くのライター・ユーザーがエロ記事ネタ作りに入り浸る出会える系サイトです。即セックスやセフレ作りができたら、体験談を編集部までお送りください!

PCMAX無料登録はこちら R18
ハッピーメール無料登録はこちら R18
Jメール無料登録はこちら R18

琥珀
尻舐め女

このコラムを書いた人

清水照美

サブカル系を中心に執筆しているライター。 官能小説やアダルト記事も手掛けています。 こんな女性がいたらいいなぁという、多くの男性が抱く妄想をそのまま文章にしているので、きっと共感してくださる方がたくさんいるはずです!

清水照美

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店