2018年 02月 21日

433

【熟女ソープ嬢・佳津子1】熟女ソープ嬢・リクルートのイタい現実

読者ライター

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.ai-takamatsu.com/
 

YECBUNJN.jpg

生活困窮、四十歳主婦はソープを志す

今は離婚した元旦那が本当にだらしない男で。
全く働いてくれないばかりか借金を繰り返すから…ドツボに嵌まる寸前で。

高校卒業後、いろいろワケありでフードルを務めた経験もあったことだし。
一念勃起…じゃない一念発起で。
四十歳の私は今一度風俗嬢を志し、ソープランドの面接に赴きました。

昔はそれこそ吉原の高級ソープ勤務だった私だから。
「嬢」経験者だし楽勝よね、そうタカをくくってまず私が応募したのは。
自宅の最寄り駅の二つ先の駅前にある「角○老」。

結論。体験入店どころか実技のチェックもなされず、私は即不合格。

想像を遥かに超えた厳しい風俗嬢の選考

実情をご存じない方が殆んどですが。
経済状態も悪化した現代、経済的困窮を理由に風俗に飛び込む女の子も必然的に多くなりました。
かつてより女性にとってのセックスワークも敷居が低くなったせいか。
今は男性もハイレベル、ハイクオリティな嬢と安価かつ気軽に遊べる時代です。

しかし、それは同時に女性にとって風俗のお仕事が。
いまや手っ取り早く大金を掴める手段でなくなったことを意味します。

昔は若いというだけですぐにこの世界に入れたものです。
でも、今は風俗採用側も本当に厳しく応募者の女性をチェック、入店してきちんと仕事が務まるか人物までも吟味して採用しています。

嬢である私ならではのキツい本音。
三十歳を超えていて且つ過去にソープ嬢の経験が全くない女性は。
まずその点だけで不合格。店側は採用しません。
他業種同様、ソープランドでも即戦力が求められるのはプロであるがゆえの必然。

例外的に。十八歳になったばかりの若い女の子に限っていうなら。
容姿が並み以上の女性であれば比較的採用されやすい部分はあります。

昔と違って、女の子であっても最低限大学を卒業していなければ。
幸せな人生のスタートラインには立てません。
例え専業主婦志望であっても、釣書に記載された大学名によって。
彼女の価値が判断される残念な現実はやはり色濃く存在します。

だから、未来の最低限の保証として大学の卒業証書が欲しいと。
そう若いお嬢さんたちがお考えになるのも社会の流れに則った必然です。

業界に飛び込むなら期限を設けて目的を明確にして

そういう背景のもと。
「大学を卒業してきちんと就職するまで」と彼女の中で期限を設定し。
他のバイトよりは高額な対価を得られる(と考えられがちな)フーゾクを。
アフタースクールのルーティンアルバイトに選んで。
学費や親の仕送りでは足りない生活費の足しにする女子大生も相当数いるのは事実。

将来の目的のために自分を律しつつフードルになるのは手段の一つではあります。
自分の肉体やテクニック、お店に採用されるための基準を満たすほどの容貌は才能のうちです。
自分が持って生まれた才能を活かして仕事をしている以上、必要以上に恥じたり、ましてや他人に後ろ指を指される筋合いは全くありません。
――かつては「自分のお店を持つための資金が貯まるまで」という目的のもと。
自分のカラダで男性を癒す仕事を選んだ女性は少なくありませんでした。
平成も終わる現代では、その最終目的が「大学を出て正規雇用のイスをゲットするまで」と、ただ内容が今風になっただけで。

決して割のいい仕事なんかじゃないから。安易には飛び込まないで

話が脱線したかしら。
若い子であればそれなりに需要はあり、割と潜り込みやすい風俗界。
ですが…専業主婦の女性が「ワリのいいバイト」と思い込んで応募するのは、私はとてもリスキーだと思う。

若い時に風俗業界を経験している主婦であろうとも、実際に採用されるのは。
本当にゼロに等しい世界です。なおさらですが…。
フーゾク未経験ならほぼ確実にムリ…不採用だとそう心得てください。

具体的には…採用されて泡姫の途に入れるのは、十八歳の女子大生で応募者の半分弱。
アラサーやらアラフィフは経験者・未経験を加えても…応募者10人のうち、
本当にひとりいるかいないかといったところです。

旦那さんに隠し、ナイショで嬢のお仕事に応募された女性は。
採否に関わらず、ソープの面接に行った事実が彼にばれた時点で修羅場になります。

その後のご主人とのトラブルまでも考えるならば。
近くのスーパーでの荷出しの募集パートの求人に応募した方が。
一般女性には絶対にいろんな意味で賢明な途だといえるでしょう。

フーゾクの世界は、一見ワリがよさげですが。
時給計算すればコンビニバイトのそれと大差ありません。
本当は決して「儲かる」仕事なんかじゃないから。

男性を肉体的に癒すことは厳しいお仕事です、安易に踏み込まないほうがご自身のため。

ソープの仕事は事実上「肉体を売る」こと。
自分のカラダを用いてお客様にサービスするのです。
だからこそ。身体を以てサービスするという余りにハード過ぎる仕事内容に。
どこのお店でもメンタルを病んでしまう女性が続出している現実もあります。

行き詰まってしまった風俗店勤務の女性を各方面から支援する一助として。
法テラスならぬ「風テラス」というものの存在も次第に社会に認知されてきました。
別の見方をすれば。福祉や医療、法律の専門家が介入しなければ今後の見通しが立たないくらいに、様々な意味で病んでいる女性が多い証拠だといえるでしょう。

本当に…現代社会においてフーゾクはもはや。
生活に困窮した女性にとっての「最後のセーフティネット」なんかじゃありません。
採用時にはそれなりの覚悟と仕事を達成させられるだけの才能、才覚を問われます。

それでも、面接のたび毎にターゲットをステータスダウンして。
三件目での応募で、私は面接を経て体験入店。
どうにか場末の「大衆店」で泡姫として働くことが決まりました。


文 │読者ライター


↓↓↓マニアックスライターがエロ記事ネタ作りに使ってるサイト。ぜひ体験談を編集部までお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ハッピーメールバナー


琥珀
尻舐め女

このコラムを書いた人

読者ライター

読者から投稿されたコラム・体験レポートです。

読者ライター

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店