2018年 05月 11日

60

【熟女】“割り”オンナと男性客を継なぐ個人紹介業の元締め熟女…②所属する“嬢”編

中川デイブ

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.himeji-hit.com/
 

BTPWCJOA.jpg

現代版“愛のキューピット(!?)”とも言ってもいい「仕切りのオンナ」に、直アドを教えて顧客となった私には、コンスタントに営業メールが届くようになりました。
ここでは、そこの“所属嬢”との交接模様を紹介します。

所属している「手持ちの嬢」に、 会う事に!

仕切りオバサン、女手配師、今風「女衒」…etc.男性陣からの呼び名は、色々あるみたいです。私に、その存在のウワサを教えてくれた人達は「女手配師」と呼んでいましたw
このワードには“オンナを手配する”というのと、“手配師するのがオンナ”という二つの意が読み取れて、私的には気に入っていました。
何か「女スパイ・峰 不二子」みたいに通り名で呼ばれるのって、カッコイイじゃないですかwwオバサンなどと呼んでいる輩もいましたが、綺麗だから“それも良し”とするくらいの器がなければ、客側も対処できないですよ。
それに、みずからも「割り」をする熟女という点もソソられます。

それはさておき、私には以来、何人かの嬢のデータが送られてくるようになりました。それは表化されたものではなく、嬢の年齢と身体的特徴(身長が○○cmで、巨乳とかEカップとか)、都合のつく日時、似ている芸能人等が普通の文章みたいに書き連ねられたものです。

私は「これはネタになりそうだ!」とばかりに、2人~3人は会う決心をしたんですよ。

確かに、「店内アポの割り」 よりは確実に遊べます!

私はとりあえず、元締めとHした時に写メを見せてもらった新見さん(仮名・50歳・非正規職)に会う事にしました。
彼女は元締めが「天然が入っているけど、それで良ければ」と言うほどの素材でした。その天然熟女さと安めぐみ似の容姿が、気に入ったんです。天然の方が、話しを聞き出し易いとも考えたんです。

この日は、彼女が仕事を終えてからの待ち合わせで、とりあえずは「三人で飲んでから」です。私としては、援助オンナにいちいち顔合わせで食事会でもないと思ったのですが、元締めの希望でそうしているみたいです。紹介料+タダ飲み代が、総紹介料と決めているみたいです。

新見さんとは、それから終電までの間にきっちりと2回戦を敢行したので、私としても大マン足でした。50歳で結婚歴ナシ、彼氏ナシ10年との事でしたので、彼女も相当溜まっているようでした。熟女にとって、男ナシ性活は辛いモノがあるんでしょうね。

全体的にグラマーで、特にオッパイは大きいというよりも“張っている”感じです。ヒップも同様でした。
オマンコの方はホントにご無沙汰のようで、最初に指でイかされてからは「本物のチンコください。チンコ入れて!」と、貪欲に自分から熟マンに招き入れて騎乗位で1回、正常位でも1回の計3回もイっていました(ちなみに、私は2回発射です)。

彼女は1日おきに自分の指でオナニーするのが習慣で「あとは、月に一人くらい男と、ミキさん(注:元締めの事です)の紹介で会ってる」との事ですが「それだけじゃ、足りないから恋人が欲しい」とも言っていました。

「手持ちの嬢」の確保 はスカウトで!

この後にも、あと一人の嬢とも会って色々な話しを聴く事ができました。“ウラ”は取ってはおらず、情報は、嬢の与えてくれた一方的な話しのみですので、ここでは仮説として楽しんでください(いずれは、まとまった形で発表するつもりですのでお楽しみにw)。

まず、嬢を集めるにあたっては、素人婦人と直接にファースト・コンタクトする人員を配しているようです。
そのうちのエース格は、“いわゆる生保の外交さん”。ハロー・ワークの出入り口付近で見かけますよね?出てくる女性に話しかけて、何やら勧誘している姿を。あおの人が目星を付けた女性に、ひとしきり本職の勧誘をした後に「ほかにも、バイトがあるんだけど」と誘うんだそうです。

保険屋さんは、ある種「人を見るプロ」ですから、だいたい“この人はヤれそう”とか“断られても、シャレで済みそう”とか、分かっちゃうんだと思いますよ。
メンバーを熟女層で固めているのは、ドタキャン率やバックレ率が低いからだと想像できます。

そうして、「とにかく1度お茶でも飲みながら話しましょう」とセッティングして、元締め・ミキさんの登場と相成るわけです。
そこでは、「初めて会う男性と、Hができるか?」「アナルやSMは当人次第として、キスやフェラはOKか?」といった事項を聞かれるそうです

“素人っぽい”というウワサは本物なのは、人材確保の段階で「本物」を集めているからだったとは…。蛇足ですが、嬢同士は横の繋がりは一切ないそうです。

あとは、メールのやり取りで日程を調整、実際のプレイ(営業)となるわけです。元締め女の言い分としては、あくまで紹介の場をセッティングしているのであって、“売買春の斡旋”ではないという事ですよね。ある程度は、正しいと思います。

「出会い系」ではデリ業者ならいざ知らず、こういった個人営業は難しいと予測されます。という事は、テレクラの消滅とともに、このシステムもなくなってしまうのでしょうか。
しばらくは、客として楽しんでおきたいと思っております。


文|中川デイブ


↓↓↓マニアックスライター陣がエロ記事ネタ作りに使ってるサイト。エッチできたら体験談をお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX


琥珀
尻舐め女

このコラムを書いた人

中川デイブ

手書き時代から様々な記事を書き散らかすのが好きな老ライター。「政治から風俗まで」が守備範囲だが、狭く浅いのが特徴。プライベートでは、デリよりもテレクラや「出会い系」を好む。52歳・現在独身。只今、花嫁熱烈募集中。

中川デイブ

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店