2017年 02月 15日

56

第38話「池袋デリヘルE店」デリヘル嬢の日々、再び。

カサイユウ(ライター・元風俗嬢)

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://mrs-lallure.com/
 

EIVJLRPL.jpg

シリーズ連載「風俗業界、転がってみました。」

二十代の大半を、東京の風俗業界で過ごした元風俗嬢。ナイトワーカーとしての半生をまとめた人気シリーズ連載。思慮深く、洞察に富んだ性格で風俗嬢ライフをさわやかに駆け抜ける。

❑前回までの話し
第37話「池袋デリヘルE店」スカウトの馬込さん。
http://www.jukujo-fuzoku-joho.com/column/5512


さて、馬込さんにアポイントを取り付けていただいて面接に向かいます。
久しぶりのデリヘルの面接にどきどきわくわくしながら電車を乗り継ぎ、JR錦糸町駅に到着しました。

初めての錦糸町、デリヘルE店。

JR錦糸町駅前は映画館やデパートなどの大きな建物もあり栄えているような雰囲気ではありますが、ひとたび路地へ入ると寂れた感が満載です。
古くさい、昔ながらの風俗街とでも申しましょうか。
待ち合わせまで少し時間があったので暇つぶしにぐるりと散策し、馬込さんと時間どおりに落ち合ってE店指定の喫茶店へ入ります。
そこには…いかにも風俗の人!という風貌の方が待ち構えていました。
後にお世話になる受付兼ドライバーの土田さんは恰幅が良く黒髪オールバックという、少しコワモテな出で立ちです。
ですが今回は馬込さんの紹介ということで安心しきっており「トラブルがあってもちゃんと守ってもらえそう!良かった良かった。」と安堵するわたしでございました。

面接は非常にスムーズに進みました。
と言うものの、わたしはヘルスについては経験が浅く報酬の相場もよく分からないので主に馬込さんにお話を進めていただきます。
その間にプロフィール用紙に身長体重スリーサイズなどもろもろの必要事項を書き込んでいき、この日から最低保証1万円、顔出しOKの錦糸町デリヘル嬢になりました。

ドライバーのツッチー。

面接を終えて馬込さんと別れ、無事入店することになったわたしは土田さんと一緒に徒歩10分ほどの場所にある待機所へ向かいます。
土田さんはコワモテな風貌ながらもとても優しくてお話しやすい、スカジャンがよく似合う気の良いオジサン。
「土田です。ツッチーって呼んでね!」と初対面から軽快なトークを飛ばし、やや緊張気味のわたしを和ませてくださいました。
仕事中の送迎から帰宅時の送り、待機中の話相手としてなどなど、大変お世話になったスタッフさんです。

デリヘルの待機所。

待機所はおよそ30平米ほどのワンルーム。
一人暮らしには少し広めのアパートの一室のような場所です。
待機所にいるお店の方々に挨拶をし、そこから更に徒歩5分ほどのプレイルームに案内されます。
プレイルームはウィークリーマンションの7階。
女の子の一人暮らしのようなインテリアで整えられているとは言え、大きな家具はベッドと全身鏡、ガラステーブル程度の殺風景な1K部屋です。
仕事が入るのを待つ間はスタッフさんの指示によって待機所にいるか、ひとりでプレイルームにいるかのどちらかになります。


文|カサイユウ(ライター・元風俗嬢)


↓↓↓マニアックスライター陣もそこそこ出会えてる「PCMAX(ピーシーマックス)」は累計会員数900万人の大手老舗出会い系。
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX


琥珀
尻舐め女

このコラムを書いた人

カサイユウ(ライター・元風俗嬢)

二十代の大半を、東京の風俗業界で過ごした元風俗嬢。ナイトワーカーとしての半生をまとめた人気連載シリーズ。思慮深く、洞察に富んだ性格で風俗嬢ライフをさわやかに駆け抜ける。

カサイユウ(ライター・元風俗嬢)

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店