2017年 05月 17日

43

【汁男優が見たAV現場】汁男優の汁発射現場 極寒地獄待機場所編

AV
根本賢治(汁男優)

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.hitodumajo.com/tama/
 

EKBZEJWL.jpg

汁はかけても飲まれるな!汁男を知る男、根本賢治です。汁男優は出番を待つ間、待機するための場所を用意されます。たいがいはスタジオの余っている部屋を使うので、エアコンがついた快適な空間であったりします。そのかわり6畳くらいのスペースに10人以上を詰め込むので、とっても狭かったりするのですが…

しかし現場によっては、更に極悪な環境の待機場所を用意されることがあります。今回は「冬山か?」と思えるくらいに極寒な待機場所について、ご説明いたします。

汁男優の仕事は手配師から送られてくる仕事依頼メールによって決まります。最初に依頼メールが送られてきて、これにOKな旨の返信メールを送ると、次に仕事内容の詳細メールが送られてきます。そのメールには撮影が行われるスタジオへの住所も書いてあります。

汁男優をそれなりに長くやっていると、住所を見ればどこのスタジオがわかってきます。そんな数々のスタジオの中には「ああ…あそこなのか…」と残念な気持ちになるスタジオが存在します。それはいったいどんなスタジオなのか?!

ちなみにスタジオというのは、ほとんどの場合が改装によって作りかえられた場所です。例えば、普通の雑居ビルやマンションに空きができてそこを防音加工してスタジオにしたり、ビルそのものが空いてしまいビル全体を改装したり、使わなくなった資材置き場を改装したり、使われなくなった何かの整備場や工場を改装したり、様々です。

最初からスタジオとして建てられた建物は少なく、その場合はレンタル料が高価です。安価なレンタル料のスタジオは、ほとんどが潰れた何かの物件を改装したものなのです。そのため、AVのようにあまりお金をかけられない映像作品の撮影は、こういった改装によるスタジオが使われます。

特に私のような名もない汁男優を起用するAV撮影の場合は、特に安価なスタジオを利用します。その中で、部屋数が少ないスタジオの場合、汁男優用の待機部屋が、とんでもなく悲惨な場所になってしまうのです。

そのスタジオは、撮影が行われる撮影スペース、スタッフが機材を置いたり待機するためのスペース、男優さんや女優さんが待機するスペース、等々はちゃんとしているのですが、それ以外の部屋は改装されていない、つまり手つかずの元のままの状態になっています。そしてそのスタジオというのは、元が何かの整備工場なのです。

整備工場で手つかずな場所、それはもう部屋と呼べる代物ではありません。ぶっちゃけ廃墟です。床は土やら砂利やらほこりやらが残っている状態です。そして、もはや座る事ができないくらいに痛んでいるボロボロなソファが放置され、謎のセメント袋や麻袋が端っこに積んであり、何に使うのか不明な機械やら機材やら資材やらが端の方に置かれていて、もう絶対に動かないであろう荷物運搬用の業務用エレベーターが備え付けられていて…窓はいくつかあるのですが、日の光はほとんど入ってこないし、開けたくても手が届かないような位置にあるし…

この待機場所、かろうじて風雨は防げますが、これはもはや屋外です。当たり前ですが、エアコンなんてものはありません。それどころか換気もできないので、屋外よりもひどいかもしれません。

このような場所で長い時間待機するのは、もはや苦行です。精神鍛錬の修行なのか?と思えるくらいに辛いです。一応、待機することを想定して、いくつかソファや椅子が用意されているのですが、集められた汁男優が多かったりすると、それらに座る事ができなかったりもします。そうなると地べたに座るしかなく、コンビニで買い物したときに貰ったビニール袋を床に敷いて座ったります。これがもう尻が痛くて冷たくて、時間が経つと全身が痛くなってきて…もう悲惨すぎです…

ただこのスタジオ、まだ春や秋はいいのです。本当の地獄は真夏と真冬!もう人がいていいような場所ではなくなってしまいます。

真冬は極寒地獄です。一応、スタッフが石油ストーブを持ってきてくれたりするのですが、保温機能なんて全く無い壁や屋根は、熱を根こそぎ奪ってしまします。はっきり言って気休めにすらなりません。ストーブの目の前にいても寒くて寒くて、吐く息が真っ白…しかも換気ができない閉鎖空間で石油ストーブを使うので、空気が目に見えて悪くなっていく…ストーブは環境を更に悪化させる悪魔の兵器です。ああ、地獄ですわ…

そんな極寒地獄に耐えながらも、しばらくするとスタッフが汁男優達を呼びにきます。待ってました!まさに九死に一生!私にはスタッフが救助隊に見えました。とはいえ、我々を地獄に落とした張本人こそ、このスタッフ達なのですが…

そんなこんなで撮影スペースに移動し、そして本番です。ああ、ここは暖かい!ついさっきまで待機場所で遭難しかかっていた我々にとっては、エアコンで快適な気温が保たれているスタジオ内は南国楽園パラダイスです。まさに地獄から天国へ!

さて気を取り直して、私はチャージを開始します…って、冷たぁッ!男棒を掴んだ私の手は、すっかり冷たくなっていて、かじかんでいました。冷たい手で男棒を握ってしまうと、悲しいかな勃起してくれません。しかも手はかじかんでいて思うように動かないし、もはや感覚も無い…もう悪い事づくめです。

全身が冷えきってしまっている汁男優達は、男棒を勃起させるのが困難で、四苦八苦しています。ぶっちゃけチャージどころではありません。しかし!それでもなんとか射精する汁男優たち!さすがは汁発射のプロです。

私も、いつも以上に頭の中をエロいことでいっぱいにして、精神をこれ以上ないくらいに集中させて、もう無理やりに男棒を勃起させます。そしてかじかんだ手をめちゃくちゃに動かしまくって、ヤケクソ状態で男棒をしごき上げます。そして無事、ぶっかけ完了。人間、切羽詰まったら、何事も出来てしまうものなのですね!

ここまで読んで下さいまして、本当にありがとうございました。


文|根本賢治(汁男優)


琥珀
人妻援護会本日最新情報

このコラムを書いた人

根本賢治(汁男優)

システムエンジニアと汁男優を長年兼任してきたお汁系ライター。ぶっかけたAV女優は数知れず。汁男優の視点からAV業界の裏話を暴露します。座右の銘は一汁三菜。汁はかけても飲まれるな。

根本賢治(汁男優)

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店