2017年 05月 29日

595

おしぼり配達のバイト中に泥酔した熟女を輪姦している場面に遭遇した

清水照美

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://y-tamago.com/
 

SKYCJAUQ.jpg

だいぶ前の話だが、僕は夜中におしぼり配達のバイトをしていたことがある。

当時レストランで働いていた僕は、仕事が終わってから2時間ほど、おしぼりを配達していた。

配達先はスナックやバーなどだが、その時間にはもう営業を終わっている店もあるが、まだ営業中の店もあった。

あるスナックに配達に行くと、いつもならまだ営業している時間なのに、その日はなぜかドアが閉まっていた。

しかたがないので裏口に回ってみると、そこは開いていたので中に入ることができた。

「おはようございます、おしぼりの配達です!」

店のウエイターがいたので声をかけると、その男はしまったという顔で店の奥を振り返った。

と同時に、奥でガタガタと騒がしい音がするのが聞こえた。

何事だろうと思いながら店のフロアーに回ると、そこでは下半身裸にされた熟女が、ソファの上で男に組み敷かれていた。

熟女を組み敷いた男は、ズボンだけ脱いでさかんに腰を使っていたが、僕を見るなりこわばった顔で一旦動きを止め、思い出したようにまた動き始めた。

周囲には数人の男がその様子を見ていた。みんなこの店の従業員で知っている顔ばかりだ。

何のことはない。

僕は店の連中が熟女を輪姦する場面に出くわしたわけで、まずいことになったと思いながら、おしぼりをいつもの場所に置いて使ったおしぼりの回収を始めた。

男たちの刺すような視線を浴びながらおしぼりを回収した僕は、どうやってここから出ようかと考えていた。

見てしまった以上、彼らがすんなり帰してくれるとは思えない。

「あ、あ、あ、あ」

そのとき、熟女の上で腰を振る男の動きが急に速くなり、それに合わせて女の口から声が漏れた。

男が動くたびにガツガツと骨のぶつかる音がして、やがて男は静かになった。

「あの、ハンコをお願いします」

作業を終えた僕は、おそるおそる近くにいたウエイターに伝票を差し出した。

おしぼりを届けたしるしに、店のハンコをもらわなければならないのだ。

「ああ、ちょっと待って」

ウエイターは伝票を持ってカウンターの中に消えた。

僕にとっては、このときが一番長い時間だった。

ハンコさえもらえば、何とか帰ることができる。だが、どうなるか。

「兄ちゃん」

そのとき、奥のソファに座っていた店のマスターに声をかけられた。

「は、何でしょうか」

僕は上ずった声で返事をした。

「兄ちゃんもやって行けや」
「は?」
「あんたも、この女をやれってさ」

近くにいた唇の曲がった男が、通訳みたいに言った。

「いや、僕は…」
「いいからほら、きれいにしてやれ」

マスターが指図すると、熟女を抱いたばかりの男が、おしぼりで女の股間を拭き始めた。

「あんたが届けてくれたおしぼりをこんなことに使って済まねえな」

マスターが言うと、店内から抑えた笑いが起こった。

「いや、そんなことは…」
「さあ、今度は兄ちゃんの番だ。たまには女房以外の女もいいだろ」

また店内がドッとわいた。このマスターは、普段から人を笑わすのが上手な男だ。

何でもないことでも、このマスターが言うと自然と笑いが起きた。

そうか、マスターは僕を共犯にしようとしているのだ。

そうしないと警察に通報されるおそれがある。だが、僕にあの熟女を抱かせれば通報はしないと踏んだのだろう。

ここで拒否したらどうなるかわからない。僕はしかたなく女のそばに近づいた。

店の中に充満していた生臭いにおいが、女に近づくと何倍も強く立ち上ってくる。

「何でえ、兄ちゃんもやる気満々じゃねえか」

僕がズボンを脱ぐと、勃起したペニスを見たマスターが笑った。

するとまた周囲がドッと湧いた。

目の前で他人のセックスを見たら、勃起するのは当たり前だ。

僕は顔を真っ赤にして、名前も知らない熟女の太ももの間に膝をついた。

熟女の股間から流れた精液が、ソファの上に白くたまっている。

僕は他人の精液でぬかるんだ膣の中にペニスを挿し込んで、ゆっくりピストンを始めた。

もしこの中の誰かが性病を持っていたら、僕にも感染してしまう。

そうなったら女房に何と言い訳すればいいのだろう。

僕はそんなことを考えながら腰を振り、いつもより早いペースで果てた。

「ご苦労だったな、兄ちゃん。明日もおしぼり頼むぞ」
「はい…」

僕はズボンを上げながら固い表情で答え、怪しまれないようにゆっくりとした動作で店を出た。

あの女が何者で、あれからどうなったのかはわからない。

僕はそれから3か月後、おしぼり配達のバイトを辞めた。

本当はすぐに辞めたかったのだが、それだと変に勘繰られそうな気がして、しばらく我慢してバイトを続けた。

女房とは、なぜかあの輪姦の直後からいさかいが絶えなくなり、翌年離婚した。

女房があの輪姦のことを知っているはずはないのだが、女の勘で何かを感じ取っていたのかもしれない。


文|清水照美


↓↓↓マニアックスライター陣もそこそこ出会えてる「PCMAX(ピーシーマックス)」は累計会員数900万人の大手老舗出会い系。
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX


琥珀
尻舐め女

このコラムを書いた人

清水照美

サブカル系を中心に執筆しているライター。 官能小説やアダルト記事も手掛けています。 こんな女性がいたらいいなぁという、多くの男性が抱く妄想をそのまま文章にしているので、きっと共感してくださる方がたくさんいるはずです!

清水照美

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店