いまや老人ホームでフェラやセックスは当たり前。深刻化する老人の「性」

熟女・人妻店ユーザーさんの投稿コラム

いまや老人ホームでフェラやセックスは当たり前。深刻化する老人の「性」

出会い系体験談

マサ 1 1,693 2024/01/15
※リンクにはアフィリエイト広告が含まれる場合があります


老婆のセックスシーンが登場するAVも近年は増えている。高齢化が加速する我が国日本において、こういったAVはそれだけ需要が高いことの表れだが、高齢者のセックスについてはあまり表に出ることはなく、知られていないことも多いのが実態だ。


最近の高齢者は元気なので、70歳になってもセックスする夫婦も少なくない。

これだけなら、高齢者が元気なのだからいいことだと思うかもしれない。

ところが、老人ホームなどの高齢者施設では、高齢者の性に関するさまざまな問題が起きているということで、こうなれば放置というわけにもいかなくなる。

たとえば、老人ホームの入居者どうしの恋愛も、いまや深刻な問題となりつつあるのが実態だ。

老人ホームの性の問題

高齢者の恋愛というと、手をつないで語り合うのかと思うとそうではない。

入居者どうしが、老人ホームの中で性行為を行うことなど、少しも珍しくないのだそうだ。

また、キスやフェラチオ、クンニなどは日常的に目撃されるというから、我々は高齢者に対する認識を変えなければならない。

ちなみに、高齢者の性に痴呆症が加わると、事態はもっと深刻度を増す。

80歳の老人が人前で自慰行為をしたり、介護してくれる女性の胸や尻に触るなどの、セクハラ行為も見受けられるというからただごとではない。

しかし、介護現場ではそのくらいのことは日常茶飯事で、胸や尻を触られても我慢しなければと、自分に言い聞かせる女性職員も多い。

また周囲が気づいても、「相手は年寄りだから」と、触られた女性に我慢を強いるケースも少なくないようだ。

こういった事例は、高齢者施設に従事する職員から多数報告が上がっているが、一般家庭からこのような報告はほとんど寄せられていない。

ここに、介護大国日本の闇があると指摘する声がある。


そもそも、セクハラ行為だとしても、相手が認知症の場合、現役世代の企業でよく見られるようなセクハラ行為で訴えることが出来るのか?という点も今の日本の現状では明確な決まりはない。

把握できない一般家庭の老人介護の実態

高齢者施設でこのような問題が頻発しているのに、一般家庭で暮らす高齢者に同様の問題が起きていないはずがない。

しかし、一般家庭からそういった事例が外部に漏れることはない。

それは、恥ずかしいこととして家族が包み隠そうとするからだ。

そのため、一般家庭で起きている高齢者のセクハラ行為については、ほとんどわかっていないのが実情である。

だけど、一般家庭でも介護する女性へのセクハラ行為があることは、容易に想像できる。

そして多くの場合、その犠牲となるのが若い嫁だったりする(この手のAV作品も多数存在するので、リアルでも似たようなケースは頻発していると想像される)。



嫁という立場上、義父からそういう行為をされても何も言えずじっと我慢するケースが多いのだ。

そして、ここから離婚などの新たな問題が発生することも少なくない。

こういった高齢者の性の問題について、行政の対応は後手後手に回っている。

しかし、それは無理のない面もある。

なぜなら、これだけの高齢化社会は世界レベルでも例がなく、国としてもモデルケースがないので、すべて手探りで対応策を探さなければならないからだ。

高齢者介護の問題を動画にする

さて、話をAVに戻そう。

近年、老婆のセックスシーンが登場する動画が増えていることは前にも書いた。

しかも、この動画が意外に評判がいいらしいのだ。

となると、今後も同様の作品が増えることが予想される。

老婆のセックスが人気だなんて、ちょっと前までは考えられなかったことだ。

このことは、日本の高齢化社会を象徴しているといえるかもしれない。



もうひとつ、今後増えそうな動画のパターンがある。

それは、先ほど触れたような、高齢者の介護者へのセクハラ行為を扱った動画の登場だ。

高齢の義父を介護する若い嫁に対するセクハラ行為。

こういった内容の動画は、これまでありそうでほとんどなかったので、今後増えることが予想される。

高齢者の性の問題は、まだ一般には知られていない。

しかし、近い将来この問題がクローズアップされるようになると、このような動画への関心度も高くなるのではないだろうか。


また、新たなビジネスモデルとして、高齢者限定の風俗店なども登場する可能性も否定できないだろう。


現状はいわゆる「全年齢統一」のスタイルで風俗店は営業している。しかしよくよく考えてみれば、20代の若者と、60歳の高齢者が同じようなプレイが出来るわけではない。


「時間内無制限発射」というサービスがある風俗店も多いが、これなどは高齢者の体力から考えるとほぼ無理だろう。


また、プレイ後のシャワーや着替えも、現状は5~10分とかなり慌ただしい。従って、この点も高齢者に対しては15分くらい与える、といったサービス改善も必要ではないかと思われる。

高齢者の性に向き合った映画も大きな話題に

こういった高齢者の性の問題に一石を投じたとも言える映画が、2023年に公開された。


その映画は「茶飲友達」という題名の映画で、実際に2013年に起きた高齢者向け売春クラブの事件を題材としている。


ネタとなった事件は売春事件ではあるものの、登場人物の抱える性の問題は現代の日本社会を連想させるものとなっていたことから、この映画は反響も大きなものでした。


尚、この映画では売春婦として働く女性の中にも高齢者がいます。


なので単に高齢男性が若い女性の肌を恋しいといって性的に求めているわけではなく、根元にはもっと複雑な日本の高齢者社会の現実や闇があるというふうに捉えられている側面もあると思われます。


高齢化社会となった日本にとって、表に出にくいこういった問題の解消も大きな課題ではないでしょうか?

【ココだけの話】高齢者の出会い系サイトの利用が増えている

最近は高齢者の出会い系サイト利用が増えている。

その理由としては、出会い系を利用して、普段の生活圏では出会えないセックスの相手を簡単に見つける事である。

出会い系なんて、セックス目的の若年〜中年の男と女が集まっているだけと思っていたが、高齢者の利用が増えるにつれ、出会い系の利用法も私の知らない間にずいぶん多様化したものだと感じた。

どうやって相手を見つけるか

出会い系の PCMAX(R18)で実際にセックスの相手をみつける事ができた。具体的には、掲示板の書き込みやプロフィールを見て、セックス相手をさがしている投稿を見つけたら、その人にメッセージを送るだけだ。

ポイントはいくつかある。

サイトに登録したら、年齢認証を確実に行う事
自分のプロフィールをしっかりと書き込む事
連絡に必要なポイントを十分に購入しておく事

 とにもかくにもメッセージを通して信用できそうかどうかですべて判断したら良い。(もちろん女性はPCMAXを無料で利用できる。男女とも年齢認証が必要で信頼性も高い)何度かある実際の体験談はまた別の記事で書いていきたいと思う。検討を祈る。


若い子に興味がなければ華の会が断然オススメ

\30歳以降限定で成功率高い/

マニアックスの読者さんが入り浸る本物のサイト

管理人

先月もぶっちぎりで利用されたサイトはPCMAXでした

たくさんのマニアックス読者さんがPCMAXに登録して、成功体験を投稿していただけました。10年以上アプリ継続利用の猛者も!最近は肉食女子が増えて女性読者からの体験談の投稿も増えてます!ここしばらく激アツサイトはPCMAXで間違いありません。

PCMAX
お得に利用する方法
・法令遵守サイトなので年齢認証は必須です
・登録後2日以内のポイント購入はボーナスがつきます

 ↓
クレジットカードでポイント購入すると、年齢確認も同時に完了するので、登録時にクレジットカードで3000円〜5000円購入するのが手軽で一番オトク!
2024年3月のマニアックスからの登録者数の実績順
1位
殿堂入り
PCMAX(R18)
実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから8415人登録(女性は1172人)
2位
ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから1608人登録
3位
UP
ハッピーメール(R18)
知名度・会員数日本一の総合サイト
マニアックスから1701人登録
4位
Jメール(R18)
年齢層が低くかわいい子と出会える。
地方に強い。マニアックスから696人登録
5位
ウラデジ(R18)
デジカフェのアダルト版ウラデジはまどろっこしい前置きは無用
マニアックスから124人登録
6位
華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから952人登録
※当サイトは上記サービスより広告収益を得ています。

無料ユーザー登録で現金がもらえるよ!!

口コミを書く。コメントを書く。それだけで換金できるポイントがもらえる!ユーザー登録するだけでボーナスポイントゲット!
⇒ 無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、実話もフィクションも入り混じっています。読み物エンターテイメントとしてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

この記事を書いた人

マサ

風俗・出会い系など、年齢とともに奥の深さを感じながら日々生きています!エロ活動365日稼働中!

マサのすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい