出会い系の男に凌辱される娘を助けた熟女風俗嬢

熟女・人妻店ユーザーさんの投稿コラム

出会い系の男に凌辱される娘を助けた熟女風俗嬢

小説

清水照美 0 1,580 2018/07/16

急に高校生の娘が大人びてきた。

男を知ったなと思ったけど、何も言わなかった。
誰でも通る道だ。

私が熟女風俗嬢をやっているのは、娘も知ってるけど普通に接してくれている。

離婚して生活のためめに風俗の仕事を始めたけど、年頃の娘がどんな反応をするか心配だった。

私にとってはかけがえのない娘だから、相手がどんな男でもよき理解者でいたいと思っている。

携帯で話しているのが敬語だから、相手が年上だとわかった。

初体験の相手は同級生だとばかり思っていたので、少し心配になってきた。

大人には悪い人間もいる。

いけないと思いつつ、娘の携帯を見て相手の男に電話をかけてみた。

出たのは、大学生くらいの男だった。

「美羽の母親ですが」
「ああ、いつもお世話になってます」

男は、形どおりの挨拶を返してきた。

まともな感じがしたので少しホッとして
話していると、

「一度遊びに来ませんか」

と男が言ってきた。

「美羽さんとはいつも僕の部屋で過ごしてますけど、僕は真面目にお付き合いしているつもりです」

「一度部屋を見てもらったら、お母さんも安心ではないでしょうか」

そう言われたら、断るわけにはいかない。

翌日、私は教えてもらった住所を頼りにアパートを訪ねた。

古い木造アパートの一番奥の部屋だった。

部屋に入って驚いた。ものすごい異臭だ。

昼間だというのにカーテンを閉め切って、部屋の中がじめっとしている。

ゴミ箱はティッシュの山で、しかも使用済コンドームが2つ3つ捨ててある。

「あの、美羽は昨日も?」
「ああ。昨日も来ましたよ」
「そうですか…」

私は次に言うべきセリフが見つからなかった。

親の私が来るのだから、普通ならティッシュもコンドームも片付けるはずだ。

でも、この男は娘とのセックスの残骸をそのままで平気なのだ。

私は、少しずつこの男の異常性に気づき始めていた。

「ちゃんと避妊してくれてるんですね。よかった」

私はそれくらいしか、言う言葉が見つからなかった。

すると男はこう言った。

「いつもはつけてないよ。昨日は美羽がどうしてもつけてくれって泣いて頼むからつけただけだ」
「え?」

私は耳を疑った。親の私に言う言葉ではない。

「普段はつけてないんですか?」
「当たり前だろ。あんなのつけたら気持ちよくないじゃん」

男はカカカと変な声で笑い、立ち上がってズボンを脱ぎだしだ。

「あの、何してるんですか」
「決まってるじゃん。しゃぶってもらうんだよ」
「えっ?」

男は下半身を丸出しにして近づいてきた。

「あんた風俗嬢なんだってな。咥えるの得意だろ」
「そんな…」

男は仁王立ちになり、私を膝まづかせてペニスを口の中に押し込んできた。

「うっ、うっ、ゲホォッ」
「ほらほら、ちゃんと咥えろよ」
「そんな、風俗嬢だからってひどい!」
「じゃあ美羽を呼び出すか。いまあいつにフェラを仕込んでるんだ。1時間くらい咥えてるぞ」

男はスマホを取り出した。本当に呼ぶつもりらしい。

「わかりました、ちゃんと咥えますから、美羽を呼ばないで!」
「わかりゃいいんだよ。ほら、続きだ」

男はまた口に押し込んだ。

「ほお、さすがは風俗嬢だ。美羽より気持ちいいや」

男は唇をゆがめて笑った。

かわいそうに。

美羽がこんな目に遭わされていたなんて知らなかった。

男は口の中に出したけど、これで終わりではなかった。

「あっ、いやっ、何するの!」

いきなりスカートをまくられ、あっという間にパンティを脱がされた。

「いやよ!どうして!」

私は四つん這いにされ、男はバックから強引に入れてきた。

「あっ、ひぃっ、やめて!」

前に逃げようとすると腰をつかまれ、ガツガツ突き入れてくる。

「あっ、あっ、あっ、ぃやあ!だめぇ!」
「ほほー、締まりいいじゃん。気に入ったぞ。これからお前のマ●コを使ってやるからな」
「どうぞ使ってください。そのかわり、もう娘は許してやってください」
「わかったよ。俺が呼んだらいつでも来いよ。来ないと娘を呼ぶぞ」
「はい、必ず来ますから」

私は涙を流しながら答えた。

それから、私は呼ばれるたびに男の部屋に行っていたが、1か月ほどたつと、プツリと連絡が途絶えた。

何かの事件で捕まったと警察から聞かされたのは、その数日後だった。

男の携帯に私と娘の番号があったので、刑事が確認に来た。

ただの知り合いだと答えると、それ以上の追及はなかった。


作|清水照美



なぜこうなったか知りたい人はクリック↑

マニアックスの読者さんが入り浸る本物の出会いアプリ

出会い系アプリなんてサクラばっかりでしょ?

というのは一昔前の話し。使えないアプリはすでに淘汰され、本当に出会えるサイトだけ生き残りました。今や男女の出会いはアプリきっかけが当たり前。マニアックス読者の登録者数を見てください!

2022年11月のマニアックスからの登録者数の実績順
1位
PCMAX(R18)
出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから5881人登録(女性は888人)
2位
ハッピーメール(R18)
知名度・会員数日本一の総合サイト
マニアックスから1985人登録
3位
ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから1254人登録
4位
華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから774人登録
5位
サンマルサン(R18)
定額サイトのため、ポイント代を気しなくていい
マニアックスから236人登録
利用のコツ
・年齢認証は必ず行う!
・初回のポイント購入はかなり割安なので5000円以上購入しておく!

無料ユーザー登録で現金がもらえるよ!!

口コミを書く。コメントを書く。それだけで換金できるポイントが毎月もらえる!
⇒ 無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、実話もフィクションも入り混じっています。読み物エンターテイメントとしてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

この記事を書いた人

清水照美

サブカル系を中心に執筆しているライター。 官能小説やアダルト記事も手掛けています。 こんな女性がいたらいいなぁという、多くの男性が抱く妄想をそのまま文章にしているので、きっと共感してくださる方がたくさんいるはずです!

清水照美のすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい