体調不良で駆け込んだ近所のクリニックの女性スタッフが美人ぞろいで、しかもエロかった、嘘みたいな本当の話。

熟女・人妻店ユーザーさんの投稿コラム

体調不良で駆け込んだ近所のクリニックの女性スタッフが美人ぞろいで、しかもエロかった、嘘みたいな本当の話。

エロい体験談

なかぞの 4 445 2021/08/10
昨年の夏、突然の体調不良に襲われ、新型コロナに感染したのではないかと思った私は、あわてて近所の内科クリニックに電話をかけました。まだ開業して1年に満たないその綺麗なクリニックで、私は思いもよらない体験をすることになったのでした。

コロナじゃなくてひと安心。

数日前から喉の痛みや頭痛、筋肉痛があり、風邪を引いたのかなぁと思っていると、だんだん体全体がだるくなってきて、近所のスーパーまで歩いただけでぐったりしてしまい、帰宅するとすぐにベッドに倒れ込んでしまいました。

翌朝、熱を測ると38度あり、これはまずい、ひょっとしたら新型コロナに感染したかもしれないと思った私は、すぐに近所の内科クリニックに電話をかけ、症状を伝えました。コロナ禍で、そのクリニックでは発熱のある患者とそうでない患者をできるだけ接触させないよう配慮されており、午前の診療が終わる午後12時30分頃に来院するよう言われました。

指定された時間に行くと、受付で体温計を渡され、午前の患者がみな帰ったあとのしんと静まり返った待合室で熱を測りました。ピピピッ…と鳴り、体温計を確認した私は思わず目を疑いました。39.2度と表示されていたのです。

体温計を受け取った女性スタッフの表情が険しくなり、まもなく私は、えんじ色の術衣を着た女性看護師に案内されて、処置室のようなベッドと椅子が置いてあるだけの狭い部屋へ連れて行かれました。

「今は感染対策を徹底していますので、診察から精算まですべてこの部屋でやらせていただきます。ご不便をおかけしますが、このまま待機していてください」

やはりコロナを疑われているのだろうかと思い、私は不安になりました。

しばらくすると、青色の術衣の上から防護布のようなものを身にまとい、マスクとフェイスシールドを装着した、ずんぐりむっくりの男性医師(院長)が入ってきて、その場で問診と診察が始まりました。

「コロナじゃないと思うよ」

問診と喉の診察をした院長は、軽い口調でそう言いました。
「とりあえず採血してみるから、このまま待っててね」
院長が出て行くと、入れ替わりで先ほどの女性看護師が入ってきました。

採血をしてもらい、10分ほど待っていると、再び院長が入ってきました。

「やっぱりコロナじゃないね。ちょっとこれ見て」

採血の結果が記録された用紙を見せられました。

「コロナやったら、リンパ球の数値が一気に跳ね上がるはずなんやけど、中園さんの場合ほとんど増えてません。ところが白血球が9900を超えてるね。これはウイルスではなく細菌感染ということです。症状からすると、おそらく食中毒でしょう」

コロナでないことがわかってホッとすると同時に、食中毒という言葉にいささか唖然としてしまいました。食中毒というと下痢や嘔吐のイメージがありましたし、自分が何か変なものを食べたという記憶もなく、にわかには信じられませんでした。

「とりあえず抗菌薬と解熱剤、それからうがい薬を出しておきます…。このまま待機していてくださいね」

また10分ほど待っていると、こんどは受付の女性スタッフが、ピンクのワンピースの上から防護布をまとい、マスクとフェイスシールドを装着して現れました。

「こちらで精算させていただきますね」

鼻にかかった甘ったるい声の、ちょっとロリ系の女の子でした。
小柄ながらムチムチした体つきをしていて、胸もとは大きく盛りあがっていました。ピンクのワンピースの裾がやや短めで、肉付きのいい太腿(生脚でした)が覗いていました。

「コロナじゃなくてよかったですね」
「そうですねぇ。ホッとしました」

私が答えると、その女の子はフフフッとマスクの奥から可愛らしい笑い声を漏らし、私にほほえみかけてきました。

彼女について部屋を出ると、正面玄関ではなく勝手口のようなところへ案内され、そこから院外へ出て、私は帰途につきました。

院長の趣味?リニューアルした制服の謎。

1週間後、またクリニックを受診しました。食中毒の症状はもうすっかり治まっていました。
院長から採血の詳細な結果が伝えられました。

「ちょっと気になるところがあるねぇ…」

院長が検査結果の用紙に赤ペンで印を付けていきました。
腎臓と膵臓の数値が良くないことを告げられた私は、その場で再検査を受けることになりました。

翌週、検査結果を聞きにクリニックへ行くと、幸い急を要するような状態には至っておらず、定期的に採血をしながら経過を見ていくことになりました。


そうこうしているうちに新しい年を迎え、1月初旬にクリニックを訪れたときのこと。
受付カウンターの前に立った私は、思わず笑ってしまいました。苦笑いです。

受付の女性スタッフの制服がリニューアルしていたのですが、昨年までごくごくありふれたピンクのワンピース姿だった彼女たちが、なんと中華系のイベントコンパニオン風に様変わりしていたのです。

↴こんな感じ

紺色のニット生地っぽい上下セパレートの服で、腰と袖のあたりにえんじ色のアクセントが入っていました。体のラインがわかるタイトめのデザインで、スカートもひざ上丈、いくら受付スタッフとはいえ、ちょっとアピールが強すぎやしないかと思いました。

しかも、よく見てみると、受付カウンターの中にいる女性4人がみな美人でスタイルもいいのです。決して派手ではないのですが、メイクもあきらかに「ナチュラル」よりも「しっかりめ」な感じに見えました。昨年まではもっと普通の感じのおばさんやお姉さんもいたはずですが、あの人たちはどこへ行ってしまったのでしょうか…。

「偶然にもあんな美人ばっかり揃うもんかなぁ…あのずんぐりむっくりの院長、自分の好みだけで採用してんのとちゃうか?」

そう胸の内で訝りながらも、私は待合室のソファーから受付のほうにチラチラ目を向けていました。

車椅子に乗った患者さんが入ってきて、女性スタッフのひとりが介助にあたっていました。女性スタッフが前かがみになったとき、スカートの中が見えそうになり、私は思わず凝視してしまいました。やはり医療スタッフにはふさわしくない服装だと思いつつも、しばらく彼女の下半身から目を逸らすことができずにいました。

看護師までもが…ぴっちぴち!

順番が回ってきて、診察室の前の長椅子へ移動しました。

「中園さんどうぞー、お入りくださーい」

女性看護師が中からドアを開け、私の名前を呼びました。

その瞬間、またしても目を疑うような光景が…。

以前はゆったりめの術衣を着用していた看護師までもが、中華系のイベントコンパニオンみたいになっていたのでした。

受付スタッフとはちがいパンツルックではあったものの、紺にえんじのアクセントが入ったタイトめの上下で、体のラインがはっきりと見て取れました。その看護師は背が高くスタイルもよく、私は彼女の下半身のラインに見とれてしまい、院長から「こんにちは」と挨拶されたことにも気づかずにいました。

診察室の奥で忙しそうに立ち働いている女性看護師たちを見ると、みな一様にぴっちぴちの制服を着ていて、とくにヒップラインの綺麗な女性を見ると、私は危うく診察中に勃起してしまいそうになりました。

「この院長、やってくれよったなぁ…なかなかのエロオヤジやで…」

目の前に座っているずんぐりむっくりの院長のことが、私にはうとましく思えると同時に、少しだけうらやましくもありました。

股間まであと1cm!

その日は診察はなく、採血のためだけにクリニックを訪れました。5分くらいで名前を呼ばれ、診察室の隣にある広い処置室へ案内されました。中へ入ると、数人の女性看護師がてきぱきと作業をしていましたが、受付スタッフ同様、やはり美人ぞろいでした。

「やっぱりあの院長、見た目で採用しやがったな…ひょっとして、このクリニックの求人欄には〝容姿端麗な女性に限る!〟って書いてあるんやろか…」

「中園さんですね?こちらへどうぞ~」

サイバージャパンダンサーズのHARUKAみたいな雰囲気の巨乳の看護師がやってきて、採血用の椅子に座るよう促しました。

「採血はじめますね~。ちょっとチクっとしま~す」
「はーい」
「気分わるくなったら言ってくださいね~」
「はーい」

私はほとんど上の空で質問に答えていました。
試験管のような透明の細長い容器3本分を採ることになっていたので、少し時間がかかりましたが、看護師の巨乳のおかげで緊張も退屈もしませんでした。

「は~い、終わりました~」

看護師が少し前屈みになりながら針を抜きにかかりました。
彼女の胸もとから腰のあたりに視線を下げた私は、眼前に現れた光景に思わず勃起してしまいそうになりました。

下半身のラインがわかるピッタリめのパンツをはいた看護師の、ちょうど股間のVゾーンが私の腕の先1cmほどのところにありました。指を伸ばせば間違いなく彼女の股間に触れてしまう距離です。

針を刺した箇所をアルコール消毒され、小さな絆創膏を貼ってもらい、その上から止血バンドを巻いてもらっているあいだ、私はずっと彼女の股間を凝視していました。伸ばせば確実にVゾーンに到達するであろう指をぴくつかせながら、なんとかこらえていました。マスクで口元が隠れているのをいいことに、でれーっと鼻の下を伸ばして妄想を膨らませていました。
セックスする機会がない?
セフレを作ってみたい?

今や男女の出会いはアプリきっかけが当たり前。日々エロ目的の男女を大量マッチングし続けてるサイトがハッピーメールです↓


健全なイメージですが、実はエロ度が高めなことで界隈では有名。
初心者は余裕をもって5,000円程度の課金がおすすめ!
即セックスやセフレを求める女性にピンポイントでアプローチできます。

\法令遵守サイトなのでプロフィール設定と年齢認証は必須です/

朝っぱらからイチャつくなよ!

朝いちばんの予約でクリニックを訪れた日のことです。診察が始まる15分くらい前に行きましたが、待合室はすでに半分ちかく埋まっていました。

ソファーに座ってテレビを見ているとき、ふと気づいて廊下の先に目をやると、曲がり角の手前の部屋から、ふたりの女性看護師が出てくるのが見えました。お互いに服装をチェックし合っていたので、おそらく着替えを終えて更衣室から出てきたところなのでしょう。

しばらくして、もうひとり女性看護師がその部屋から出てきたのですが、なぜかそのすぐ後から院長も出てきたのです。私は自分が見間違えたのかと思い、思わず目をこすりましたが、やはり女性看護師と院長は同じ部屋から出てきたのでした。廊下の曲がり角で、院長が女性看護師の尻に手を触れたのを、私は見逃しませんでした。

「あのずんぐりむっくり、朝っぱらからなにイチャついとんねん…」

呆れて溜め息をついてしまいましたが、やはりそんな院長がうらやましくもありました。
私は看護師のピチピチの尻を思い浮かべながら、自分が彼女たちを相手に更衣室でこんなことやあんなことをしている妄想を膨らませていました。

しかし、そのあとふと冷静になって、もしかすると更衣室は入り口だけ共通になっていて、中で男女別にわかれているのかもしれないと私は考えました。

「あとで確かめてみよう…」

私の中で、にわかに冒険心が湧き上がってきました。

診察が終わり精算を待っているあいだ、私はトイレに行くふりをして更衣室のほうへ向かいました。院内は広く、診察室と処置室を囲むかたちでコの字型に廊下が続いていました。

トイレがある場所から長い廊下を迂回し、先ほど院長と3人の看護師が出てきた部屋の前まで来ました。

部屋の扉には「女子更衣室」と書かれてありました。男子更衣室は廊下の反対側の角を曲がったところにありました。

「やっぱりそうだったのか…。診察前に女子更衣室で女性看護師3人を相手にお楽しみとは…あの院長、相当なエロオヤジやなぁ…」

朝っぱらからお盛んな院長に、呆れるどころか感心してしまいました。


トイレのほうへ引き返そうとしたとき、柄物のマキシ丈ワンピースを着た背の高い女性が、廊下をこちらに向かって歩いてきました。近くまで来たとき、その女性が看護師であることに気づきました。先日、診察室の前で私の名前を呼んだ、下半身のラインがすごく綺麗な看護師でした。いま出勤してきたところなのでしょう。

私が軽く会釈すると、彼女は目を細めて小首をかしげるような仕草をしました。心なしか、マスクに隠れた口元が微笑んだように見えました。なぜか同時に私たちはその場に立ち止まると、ほんの束の間でしたが、互いに見つめ合うかたちになってしまいました。

先に歩き出した彼女が、すれ違いざま、私に向かって意味深な表情を浮かべました。私も反対方向へと歩き出しましたが、ふと後ろを振り返ると、彼女がこっちを見ていました。

彼女が再び歩き出すと、私は何か見えない力に引き寄せられるようにそのあとをついて行きました。女子更衣室の前にたどり着いた私に、彼女がそっと手を差し伸べました。

「どうぞ、お入りください」

彼女に手を引かれ、私は女子更衣室の中へと入って行きました。

後日談はこちら


なぜこうなったか知りたい人はクリック↑

マニアックスの読者さんが入り浸る本物の出会いアプリ

今年もぶっちぎりで利用されたサイトはPCMAXでした

たくさんのマニアックス読者さんがPCMAXに登録して、成功体験を投稿していただけました。10年以上アプリ継続利用の猛者も!最近は肉食女子が増えて女性読者からの出会い体験談の投稿も増えてます!ここしばらく激アツな出会いサイトはPCMAXで間違いありません。


2023年9月のマニアックスからの登録者数の実績順
1位
PCMAX(R18)
出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから7605人登録(女性は1092人)
2位
ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから1486人登録
3位
華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから933人登録
4位
ハッピーメール(R18)
知名度・会員数日本一の総合サイト
マニアックスから1653人登録
5位
Jメール(R18)
年齢層が低くかわいい子と出会える。
地方に強い。マニアックスから622人登録
6位
ウラデジ(R18)
デジカフェのアダルト版ウラデジはまどろっこしい前置きは無用
マニアックスから58人登録
7位
サンマルサン(R18)
定額サイトでポイント代を気しなくていい。エロ確実なのはサイトを見れば分かります。マニアックスから253人登録
利用のコツ
・年齢認証は必ず行う!
・初回のポイント購入はかなり割安なので5000円以上購入しておく!

無料ユーザー登録で現金がもらえるよ!!

口コミを書く。コメントを書く。それだけで換金できるポイントがもらえる!ユーザー登録するだけでボーナスポイントゲット!
⇒ 無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、実話もフィクションも入り混じっています。読み物エンターテイメントとしてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

この記事を書いた人

なかぞの

大阪府生まれ。20代の頃より全国規模の文芸同人誌に参加し、小説やエッセイの習作を重ねる。塾講師、酒屋の配達員、デリヘルの事務スタッフなど様々な職を転々としたのち、フリーライターとして活動を開始。足を踏み入れるとスリルを味わえそうな怪しい街並み、怪しいビルの風俗店を探し歩いている。

なかぞののツイッター
なかぞののすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい